トップ多肉植物(観葉植物)

多肉植物(観葉植物)


多肉植物の写真

多肉植物2

自生する多肉植物
11月中旬、海岸の岸壁

自生する多肉植物2
11月中旬、海岸の岸壁
多肉植物は、葉や茎が多肉質で厚く、水分を蓄えて生きているものが多いです。これは雨の少ない乾燥した地域や、岩などに着生して生息しているためで、乾燥から身を守っています。多肉植物と呼ばれるものは多くの種類があり、1万種以上があると言われています。サボテンもその一つなのですが、一般に多肉植物とは分けられて扱われています。単に多肉植物としてよく販売されているのは、主にベンケイソウ科が多く、セダム属、クラッスラ属、エケベリア属などをよく見かけます。生息範囲は海岸から高地と広く、気温の高い所から低い所まで広く分布しており、気温の高い所で育つものは夏型、気温の低い所で育つものは冬型として分けられ、育て方に少し違いがあります。

多肉植物の育て方

多肉植物であるカランコエアロエアデニウムハナキリンクロホウシセイロンベンケイソウ子宝草金のなる木ハートカズラグリーンネックレスアガベハオルチアリトープスは別のページで育て方を紹介しています。

冬型と夏型

冬型と夏型に分けられて育てられます。冬型は秋から春によく生息し、夏は暑さで休眠します。夏型は初夏と秋によく生育し、冬は寒さで休眠します。冬型と夏型は生育期が異なるので、育て方も若干異なってしまいます。
ベンケイソウ科の種類 タイプ
アエオニウム属 冬型
エケベリア属 主に夏型、冬型もある
カランコエ属 夏型
クラッスラ属 夏型、冬型
グラプトペタラム属 冬型
グラプトベリア属 冬型
コチレドン属 夏型
セダム属 夏型、冬型

冬型の育て方


作業カレンダー(冬型の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
生育状態
生育期 休眠期 生育期
場所
日向(霜よけ・0度以上) 日向(雨よけ) 半日蔭(雨よけ) 日向 日向(霜よけ)
植え替え
植え替え 植え替え
挿し木
挿し木 挿し木
肥料
肥料 肥料
水やり
控えめ 表面が白く乾いて2、3日後 殆ど与えません 表面が白く乾いて2、3日後 控えめ

置き場所

基本的に日当たりがよく雨の当たらない所で育てます。冬型は特に高温多湿を嫌うので、梅雨時期は雨に当てないよう注意してください。夏は強い日差しを避けた明るく涼しい日陰で育てます。冬の耐寒温度は冬型で0度以上と寒さに比較的強い方で、関東より南では戸外の霜の当たらない所で越冬が可能です。冬に直射日光によく当てると、赤や黄色に紅葉する種類もあります。

水やり

多湿に弱く、葉や茎に水を蓄えているので乾燥には強い植物です。冬型の多肉植物は春と秋によく生育するので、春と秋の生育期間は鉢土の表面が完全に乾いて2、3日してからの水やりにします。夏は高温多湿を嫌い休眠するので、ほとんど水は与えません。冬はあまり生育しないので、月に3、4回ぐらいの水やりにします。

植え替え

鉢底から根が出て根詰まりしていたり、2年以上植え替えていない株は植え替えます。冬型の植え替え時期は春の3月から4月頃、秋の9月から10月頃にも行えます。

肥料

肥料は多く必要としません。冬型は生育期の4月から5月、秋の9月から11月頃に、月に1、2回、2000倍ぐらいに薄めた液体肥料などを与えます。

夏型の育て方


作業カレンダー(夏型の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
生育状態
休眠期 生育期 休眠期
場所
室内の日向(5度以上) 日向(雨よけ・西日は避ける) 室内の日向(5度以上)
植え替え
植え替え 植え替え
挿し木
挿し木 挿し木
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
控えめ 表面が白く乾いて2、3日後 控えめ 表面が白く乾いて2、3日 控えめ

置き場所

基本的に日当たりがよく雨の当たらない所で育てますが、夏は暑過ぎるので30%ぐらい遮光するか午後の日差しを避けた所で育てます。冬の耐寒温度は夏型で5度以上と冬型より寒さにやや弱いので、冬は日当たりのよい室内で育てます。

水やり

多湿に弱く、葉や茎に水を蓄えているので乾燥には強い植物です。夏型は春と秋は鉢土の表面が完全に乾いて2、3日してからの水やり、夏はあまり生育しないので月に3回ぐらいの水やり、冬は休眠するので月に1回ぐらいの水やりにします。

植え替え

鉢底から根が出て根詰まりしていたり、2年以上植え替えていない株は植え替えます。夏型の植え替え時期は春の5月から6月頃、秋の9月頃に行います。

肥料

肥料は多く必要としません。夏型は生育期の5月から6月、秋の9月頃に、月に1、2回、2000倍ぐらいに薄めた液体肥料などを与えます。

冬型、夏型か分からない場合

多肉植物は生息範囲が広く、冬型と夏型、また中間的な種類もあります。同じ属でも冬型と夏型がある種類もあり、購入してもラベルに夏型、冬型など書いていないことが多いです。どちらか分からない場合は、両方とも生育期が重なる4月下旬から6月中頃、秋の9月から10月頃を生育期と考え、水やりや肥料はこの時期に与えるとよいです。植え替えは春の4月下旬頃か秋の9月頃に行い、冬と夏の間は休眠期と考え、水やりを極力控えるようにします。多肉植物は乾燥地帯に生息しているので水切れに強く、水やりが少なくて枯らせてしまう事はあまりなく、逆に水やりが多すぎて枯らせてしまう事がよくあります。

用土

多湿に弱いのでサボテンや多肉植物の土を利用するのが一番安全だと思います。もし自分で作りたい場合は、赤玉土(小粒)3、鹿沼土(小粒)3、腐葉土2、パーライト2などでよいと思います。つい水やりが多すぎてしまう人は、パーライトを多めに入れてもよいです。

増やし方

種類によって、挿し木、葉挿し、株分けで増やす事ができます。時期は春の3月から4月頃、秋の9月から10月頃にも行えます。用土は上で紹介した、多肉植物の用土を使って行えばよいです。

挿し木

種類によって3cmから7cmほどのさし穂を用意して、切り口を日陰で乾燥させておきます。下葉を数枚とって、そこが用土に埋まるように挿します。さし穂が腐れやすい場合は、茎が用土の近くになるよう置くだけでも発根します。水やりは過湿だと腐れる事があるので、完全に乾いてから次の水やりするぐらいでよいです。
多肉植物の挿し木(土は多肉植物用)
多肉植物の挿し木
2005/10

2005/11

2006/5

葉挿し

葉挿しでも増やす事ができます。葉の付け根付近から発根するので、付け根付近が用土に軽く埋まるぐらいに挿します。付け根付近を用土の上に置くだけでも発根します。

株分け

株が増えるタイプは株分けして増やす事ができます。時期は植え替えと一緒に行います。

寄せ植え

同じ仲間を寄せ植えにして楽しんでいる人が多くいます。特に同じ種類の多肉植物同士を寄せ植えにしなくても、似たような条件、たとえば夏型同士や冬型同士、サボテンと夏型の多肉植物を寄せ植えしてもよいです。 サボテンと多肉植物の寄せ植え
サボテンと多肉植物の寄せ植え