トップテランセラ

テランセラ

学名:Telanthera amoena
別名:アルテルナンテラ、モヨウビユ
科・属名:ヒユ科・アルテルナンテラ属
原産地:熱帯アメリカ
鑑賞時期:9月〜11月
分類:非耐寒性多年草
寒さ:弱い(5度以上)
暑さ:強い
日照:日向
耐陰性:なし
草丈:10cm〜20cm
用途:花壇、鉢植え、ハンギングバスケット
花言葉:変身、熱するとさめる恋
通販:楽天市場にあり


テランセラの写真
テランセラ・エンジェルレース
エンジェルレース

黄色のテランセラ

沢山のテランセラ

10月中旬
テランセラは葉を楽しむ観葉植物です。秋の9月から11月頃に葉の色が美しくなり、花壇に密集して植えられていたり、花との寄せ植えにされている事もあります。右のは植物園で黄色と赤のテランセアを利用してアンパンマンの形に植えられていました。

テランセラの育て方

置き場所

年間を通じて日当たりのよい所で育てます。テランセラは冬の耐寒性はないので、秋の最低気温が13度を下回ってきたら室内へ入れます。花壇に植えられているものは、霜の降りる前に何鉢か鉢上げして、室内で越冬させて春に沢山挿し木をして植えつけるとよいです。その他は観葉植物の置き場所を参考にしてください。。
4月中旬から10月 戸外の日当のよい所
11月から4月上旬 室内の日当たりのよい所。(最低温度は5度以上で管理します)

水やり

鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。冬は鉢土の表面が乾いて2、3日ぐらいの水やりにして乾燥気味にして越冬させます。その他、詳しく知りたい方は観葉植物の水やりを参考にしてください。

植え替え

毎年植え替えます。時期は春の4月中旬から5月頃に行うのが理想的です。用土は市販されている培養土や自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4ぐらいの普通の用土でかまいません。その他、詳しくは観葉植物の植え替えのページをを参考にしてください。

剪定

新芽が吹く4月から5月頃、枝を多く出させるために7月頃にもう一度軽く剪定します。切った先は挿し木に利用できます。

増やし方(挿し木)

テランセラは挿し木で増やす事が出来ます。5cmほどの挿し穂を用意して、一番下の節を葉を取ってそこが用土に埋まるように挿します。時期は春の5月から7月頃まで行えます。その他、詳しくは挿し木のページを参考にしてください。

肥料

生育期の春から秋まで緩効性の化成肥料や液体肥料などを与えます。その他は観葉植物の肥料のページを参考にしてください。

冬の管理方法

観葉植物の冬の管理をを参考にしてください。
関連リンク