トップシマトネリコ

シマトネリコ

学名:Fraxinus griffithii
別名:タイワンシオジ
科・属名:モクセイ科・トネリコ属
原産地:沖縄、台湾からインド
分類:常緑〜半落葉中高木
寒さ:やや弱い(氷点下3度以上)
暑さ:強い
日照:日向
耐陰性:あり
樹高:6m〜15m
花径:約 5mm
用途:庭木、鉢植え
通販:楽天市場にあり


シマトネリコの写真

シマトネリコの葉

シマトネリコの花(6月下旬)

シマトネリコの種
シマトネリコは高さ15m近くになる熱帯の樹木です。名前の由来は、沖縄などの島に生息しているトネリコの仲間なので、このような名前になったそうです。用途は観葉植物として鉢植えで育てられたり、耐寒温度が氷点下3度ぐらいあるので、関東から南の地域では庭木や街路樹として植えられています。うちは大分市で庭に植えていますが、6月から7月頃に白くて小さな花を咲かせ、花後は白くて長い鞘のような実を着け、遠くから見ると花が咲いているように見えます。密集した葉には光沢があり、夏は涼しげで感じがよく、暖地でも観葉植物として部屋に飾ると感じがよいと思います。庭木としてはあまり手間はいりませんが、生育のスピードは早くよく葉が茂るので、うちでは秋に樹高を抑えるために毎年剪定をしています。夏になるとこの木に蝉が好んで止まり、切った枝は少し甘い香りがするので、蝉にとっては樹液が美味しいのかも知れません。土に卵を産んでいるようで、毎年抜け殻も引っ付いています。

作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向(鉢は霜よけ) 日向〜半日陰 日向(鉢は霜よけ)
種まき
種まき
植え付け
苗の植え付け
植え替え
植え替え
挿し木
挿し木
庭の剪定
庭の剪定
鉢の切り戻し
鉢の切り戻し
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える 乾いてきたら 鉢土の表面が乾けば与える

シマトネリコの育て方

庭木の管理

植え付け

2005/6 2006/8

苗木

植え付け後約1年
関東から南の地域では、庭木として植える事ができます。場所は日当たりのよい所から午前中の日光があたるような半日陰でよいと思います。植え付ける所の水はけが悪い場合は腐葉土を、元肥に牛糞などを混ぜて植え付けます。台風などの強風で傾むいてしまわないよう、根着くまでは木などで支えておくとよいです。冬に多少葉が落ちる事がありますが、暖かくなるとまた葉が茂ってきます。

水やり

植えつけ後しばらくは乾かし過ぎないよう注意しますが、根付けばよほど乾かない限り、特に与える必要はありません。

肥料

樹形がある程度大きくなれば3月頃に1回だけ骨粉入りの固形油粕などを与えればよいですが、苗を植えつけたばかりで、大きくしたい場合は9月頃にも与えるとよいです。

剪定

高木の樹木なので放置しておくと大きくなります。そのまま大きくしたい場合は剪定せずに自然の樹形でもよいですが、高くしたくない場合は上へ伸びた枝を切って高さを抑えます。また、他に伸び過ぎた邪魔な枝を切ったり、不要な胴吹き枝などもあれば切り取ります。時期は厳寒期を除けばでいつでも行えますが、初夏頃に花が咲くので、花を咲かせたい場合は開花前に行うのを避けるようにします。右は樹高が3m以上になってしまったもので、これ以上高くしたくない事と、木の下に強い日差しを嫌う植物を植えているので、冬だけは木の下に日が当たるよう、毎年秋の11月頃に間引き剪定を兼ねて行っています。特にここまで短くしなければいけないとい事はないので、将来好みの樹形になるようイメージして剪定すればよいと思います。ちなみに秋にこれぐらい短く切っても、夏には元のような樹形に戻ります。その他は剪定のページを参考にしてください。
剪定前

剪定後

鉢植えの管理

植え付け

関東から北の地域では鉢植えにして育てた方がよいです。葉が美しいので暖地でも鉢植えにして、部屋の観葉植物として育ててもよいと思います。鉢植えの大きさは、生育が結構早いので、苗の樹形より少し大き目ぐらいでよいと思います。用土は市販されている観葉植物専用の培養土を使ったり、自分で作る場合は、赤玉土(小粒)6、腐葉土4ぐらいでよいです。

置き場所

日当たりのよい所から午前中の日光が当たる半日陰で育ちます。耐陰性があるので、室内の明るい窓辺などに置いてもよいです。真夏は強い日差しで葉が焼ける事があるので、レースカーテン越しの日光に当てるぐらいにして強い日差しを避けます。耐寒温度は氷点下3度ぐらいと寒さにはあまり強くないので、室内の凍らない日当たりのよい所で越冬させます。暖地は室内に置いてもよいし、戸外の霜の当たらない軒下でも越冬が可能です。

水やり

鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。夏は葉が多くよく水を吸い上げるので、水切れさせないようにします。冬はほとんど生育しないので、鉢土の表面が白く乾いて更に2,3日後に与えるぐらいと控えめにします。冬は空気が乾燥するので、暖かい時間帯に葉水を与えると葉が落ちるのを予防する効果があります。

肥料

春から秋まで緩効性の化成肥料を置き肥したり、液体肥料を定期的に与えればよいです。

植え替え

2年に1度ぐらいを目安に行うか、底から根が出て根詰まり気味なら植え替えます。時期は4月中旬から6月頃に行なうのが理想的です。根鉢の周りを3分の1ぐらい壊し、一回り大きな鉢に植え替えます。必要なら切り戻しや剪定を兼ねて行います。用土は植え付けの項目と同じです。その他は観葉植物の植え替えのページを参考にしてください。

切り戻し・剪定

樹高が高すぎてしまったり、下葉が減って見苦しくなったら、将来の樹形をイメージして切り戻し、樹形を整えるように剪定するとよいです。時期は3月から5月頃に行うと夏頃には葉が茂ってくると思います。

増やし方

挿し木

時期は4月中旬から6月頃に行うとよいです。少し着き難いので沢山挿した方がよいと思います。2,3節分の挿し穂を用意して、一番下の葉を取り除き、そこが用土に埋まるように挿します。その他、詳しくは挿し木のページをご覧ください。

種まき

初夏頃に白い花が咲いて実が成り、秋が深まってきたら種が茶色く熟すので、採っておいて来年の春に蒔くとよいです。発芽温度は20度ぐらいあればよいので4月から5月頃に行うとよいです。方法はポットなどに蒔いて土を被せます。本葉が出てきたら赤玉土(小粒)6、腐葉土4などの用土を使って鉢に植え付けます。成長が早く秋になると高さ30cm〜40cmぐらいまでの高さになります。
2月上旬 4月上旬 6月上旬 10月上旬

秋に収穫した種

種まき後

植え付け

大きくなった
関連リンク