トップフィカス・ベンガレンシス

フィカス・ベンガレンシス

学名:Ficus benghalensis
別名:ベンガルボダイジュ、ベンガルゴム
科・属名:クワ科・フィカス属
原産地:インド、スリランカ
分類:常緑高木
寒さ:弱い(5度以上)
暑さ:強い
日照:日向
耐陰性:あり
通販:楽天市場にあり



フィカス・ベンガレンシス
フィカス・ベンガレンシス

フィカス・ベンガレンシスの葉
ベンガレンシスはインドのベンガルが原産です。仏教三大聖樹の一つで ベンガルボダイジュとも呼ばれる神聖な樹木で、日本の寺院に植えられているボダイジュはこの樹木の代用にされているそうです。原産地では大木になると木根を伸ばし、やがて太い幹のように成長し神秘的な樹形になります。一般に観葉植物として育てられ、葉は産毛のようなものが沢山生え手触りが柔らかいです。冬に葉を減らす事も少なく比較的育てやすいです。イチジクの仲間で大きくなると実が成り食べる事ができるようです。

作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
場所
室内の日向から明るい所 日向 日向〜半日蔭 日向 室内の日向から明るい所
植え替え
適期
挿し木
挿し木
切り戻し
切り戻し・剪定
肥料
置き肥など
水やり
控え目 表面が乾いたら 鉢土の表面が乾いてきたら 乾いたら 控え目

フィカス・ベンガレンシス

置き場所

日当たりを好みますが、日陰で育ったものを、急に夏の強い日差しに当てると葉が焼けるので、少しずつ慣らすか、レースカーテン越しの日光など、強い日差しを避けて育てます。耐陰性があるので、明るい日陰でも育てる事ができますが、あまり暗いといけないので、できるだけ明るい所で育てるようにします。熱帯の植物で寒さには弱いので、秋の最低気温が15度を下回ってきたら戸外で育てているものは室内へ入れ、冬は最低温度5度以上の暖かい所で冬を越させます。その他は観葉植物の置き場所を参考にしてください。
5月から10月中旬 室内または戸外の日当たりのよい所から半日蔭。
10月下旬から4月 室内の日当たりのよい所から半日蔭。最低気温は5度以上で管理。

水やり

普通の水やりです。鉢土の表面が白く乾いたら与えます。夏はよく乾くので、乾かしすぎないように注意してください。秋が深まって来ると徐々乾きが遅くなるので、徐々に水やり回数も減らしてゆきます。冬は乾燥気味に、鉢土の表面が白く乾いて2、3日ぐらいしてからの水やりにします。真冬に水を与えすぎると根腐れする事があるので注意してください。暖かい時間帯に葉水を与えながら育てるとよいです。その他、詳しくは観葉植物の水やりをご覧ください。

植え替え

鉢の底から根が出て根詰まり気味だったり、2年以上植え替えていない場合は植え替えます。時期は5月から6月頃に行うのが理想的です。根鉢の周りを3分の1ぐらい軽く壊し、伸び過ぎた根を適度な長さに切り、腐った根があれば取り除いて、樹形に合った大きさの鉢に植え替えます。用土は市販されている観葉植物専用の土でかまいませんし、自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4など普通でよいです。あれば元肥にマグァンプK(中粒)などを混ぜ込んで植え替えると肥料切れの心配がなくて済みまず。写真は昨年の植え替えの時に土がよく入っておらず生育が悪かったので、全て土を落として植え直したものです。大切な根なので、ここまで土を落とさなくてもよいと思います。その後は無事に根付いて新芽が出てきました。その他は観葉植物の植え替えのページを参考にしてください。
5月下旬

植え替え前の根鉢

根鉢を壊した状態

植え替え後

肥料

植え替え時に元肥にマグァンプK(中粒)などの元肥を与えていなけらば、生育期の春から秋まで緩効性の化成肥料などを置き肥したり、定期的に液体肥料などを与えます。その他は観葉植物の肥料のページを参考にしてください。

増やし方

挿し木

挿し木で増やすことができます。時期は5月から8月頃まで行えます。2、3節分の挿し穂を用意して、一番下の節の葉を取って、その節が用土に埋まるように挿します。葉が大きいので葉からの蒸散を減らすために葉を半分ぐらいに切って挿すとよいです。その他、詳しくは挿し木のページを参考にしてください。

切り戻し、剪定

大きくなり過ぎてしまったら好みの高さで切り戻しをするとよいです。冬に葉を落として樹形が乱れたり、伸び過ぎて邪魔な枝があれば剪定します。時期は4月中旬から5月頃までにやってしまいで、できるだけ早く葉を茂らせるようにするとよいです。

冬の管理方法

寒さには強くないので、室内の5度以下にならない窓辺などに置いておくとよいです。寒さで成長が止まるので、水やりは控えめにして肥料は与えません。冬は乾燥するので暖かい時間帯に霧吹きで葉水を与えると葉が傷むのを抑える効果があります。その他は観葉植物の冬の管理をご覧下さい。

冬を超えた春の状態

冬はあまり葉を落とさずに越冬するので、葉が多く落ちてしまった場合は、根詰まりや根腐しているかもしれません。5月から6月頃に植え替えをして必要なら剪定を行うとよいです。
関連リンク