トップジュウニノマキ(十二の巻)

ジュウニノマキ(十二の巻)

学名:Haworthia fasciata
別名:ハオルチア・ファスキアタ
科・属名:ツルボラン科・ハオルチア属
原産地:南アフリカ
分類:常緑多年草、多肉植物
寒さ:弱い(5度以上)
暑さ:嫌う(休眠気味になる)
日照:半日陰
耐陰性:あり
通販:楽天市場にあり


ジュウニノマキ(十二の巻)

美しい葉模様
ジュウニノマキ(十二の巻)は葉にある白い横縞模様が美しい多肉植物です。ハオルチアの仲間で種類が多く、大きく硬葉系と軟葉系の2系統があります。こちらは葉の固い硬葉系でアロエに似た姿をしています。樹形はコンパクトで高さはせいぜい15cmぐらいと小さく、昔から人気のある多肉植物です。あまり目立ちませんが、白い花も咲かせます。 多肉植物は強い日差しを好むものが多いのですが、こちらは明るい所を好みます。春と秋が生育期で過湿にならないよう注意して、強い日差しに当てないように気をつければ比較的育てやすいです。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
生育状態
休眠 生育期 休眠 生育期 休眠
場所
室内の明るい窓辺 半日陰 明るい所(雨よけ) 半日陰 室内の明るい窓辺
植え替え
植え替え 植え替え
株分け
株分け 株分け
肥料
肥料 肥料
水やり
控えめ 表面が白く乾いてから 控えめ 表面が白く乾いてから 控えめ

ジュウニノマキ(十二の巻)の育て方

置き場所

強い日差しを嫌うので明るい所に置いて育てます。夏は休眠するので強い日差しを避けた明るい雨の当たらない所に、冬は寒さで休眠するので室内の明るい窓辺などに置きます。
4月から10月 戸外または室内の半日陰(夏の日差しは避ける)
11月から3月 室内の日向から明るい所(最低温度は5度以上で管理)

水やり

多肉植物なので乾燥には強く過湿を嫌います。生育に当たる春の3月から6月頃と秋の9月から11月頃は鉢土の表面が白く乾いたら与えます。夏は暑さで休するので月に2回ぐらいの水やりに、冬は寒さで休眠するので月に1回ぐらいと控えめにします。水を与え過ぎると根腐れしやすいので注意してください。

肥料

生育期の春、秋の間に緩効性の化成肥料を置き肥したり、薄めの液体肥料を定期的に与えます。夏と冬は休眠するので与えません。

植え替え

2年に1回ぐらいを目安に植え替えます。用土はとても水はけのよいものを好むので、市販されている多肉植物の培養土を利用したり、自分で作る場合は赤玉土(小粒)3、鹿沼土(小粒)3、腐葉土2、パーライト2などを利用するとよいです。根鉢の周りを軽く壊して必要なら株分けを兼ねて行います。時期は春の3月から4月頃か秋の9月から10月中頃に行えます。

増やし方

株分け

子株が増えるのでそれを分けて植え付けるとよいです。時期は植え付けと一緒に行います。

冬の管理

寒さには弱く生育せずに休眠します。戸外に置いているものは秋が深まってきたら室内の明るい窓辺に置き、真冬の水やりは月に1回ぐらいごく控えめにします。いつも湿った状態だと根腐れしやすくなるので注意してください。この時期の肥料は必要ありません。
関連リンク