トップオノマンネングサ

オノマンネングサ(雄之万年草)

学名:Sedum lineare
別名:セダム・リネアレ
科・属名:ベンケイソウ科・セダム属
分布:日本(本州、四国、九州)、中国
分類:多年草(多肉植物)
寒さ:強い
暑さ:強い
花色:黄色
花径:約 1cm
草丈:10cm〜25cm
増やし方:挿し木
用途:鉢植え、庭、グランドカバー、ロックガーデン
通販:楽天市場にあり


オノマンネングサ
4月下旬、自宅の庭

こんな所にも生える
4月下旬、自宅の庭

オノマンネングサの花
5月下旬、自宅の庭

オノマンネングサの葉と花
5月下旬、自宅の庭
オノマンネングサは日本の本州から沖縄にかけて分布している多肉植物です。原産地は中国ではないかと言われ、主に低地の岩の斜面などに生えているそうです。葉は緑色をした種類の他、斑入りをした品種がよく売られています。初夏に黄色い花を咲かせますが、花を楽しむというより、葉を楽しむ観葉植物寄りの植物です。育てるのは過湿を嫌い乾燥には強いです、多肉植物のなかでは比較的育てやすく、庭でも育てる事が可能です。屋上緑化の素材として利用される事があります。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向(鉢植えは梅雨を軒下などに)
植え替え
植え替え 植え替え
挿し木
挿し木 挿し木
切り戻し
切り戻し 切り戻し
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
控えめ 表面が白く乾いて更に2、3日後 控えめ

オノマンネングサの育て方

場所

日当たりを好みます。多少の耐陰性があるので、午前中の日光が当たるような半日陰でも育ちます。夏の高温多湿を嫌うので、鉢植えでは梅雨時期の長雨を避け、雨の当たらない軒下などに置いておくとよいです。冬の寒さには強く、鉢植えでは霜の当たらない軒下などに置くとよいです。庭は寒さで地上部の葉が枯れますが、暖かくなると株元から新芽が伸びてきます。

水やり

過湿を嫌い、乾燥にはとても強いです。鉢植えでは生育期の春から秋まで、鉢土の表面が白く乾き、さらに2、3日してからの水やりにします。冬はあまり生育しないので、月に2、3回ぐらいと控えめに与えます。庭植えでは与えなくても大丈夫です。

植え付け

苗が売られている事があるので、入手したら植えつけます。時期は3月から5月頃、秋の涼しくなった9月から10月頃にも行えます。

鉢植え

水はけのよい土を好みます。鉢植えでは、市販されている多肉植物の培養土を使うとよいです。自分で作る場合は、赤玉土(小粒)3、鹿沼土(小粒)3、腐葉土2、パーライト2などに植えつけます。横に広がるので平鉢に植えたり、高さのある鉢植えから下に垂らしてもよいです。

庭植え

日当たりがよく、水はけのよい所を好みます。庭植えすると梅雨時期に枯れてしまう事があるので、苗をそのまま植えずに、挿し木で増やしたものを庭に植えてもよいです。茎を長さ4、5cmぐらいに切って、それを庭に置いておくと発根して増える事もよくあります。ロックガーデンの素材にも向いています。

植え替え

春の3月から4月頃、秋の9月から10月中頃にも行えます。春の5月から6月頃に花が咲くので、花の観賞を目的にするのなら、3月頃までに行ってしまとよいです。用土は植えつけの項目と同じです。 水やりは3、4日ぐらいしてから与え、明るい日陰にきます。その後は少しずつ日に当てる長さを伸ばすようします。

肥料

肥料は多く必要ありません。 春の4月から5月頃、秋の9月から10月頃、月に1、2回、2000倍ぐらいに薄めた液体肥料などを与えればよいです。庭では特に必要ないです。

増やし方

挿し木

挿し木で容易に増やす事ができます。長さ5cmぐらいの挿し穂を用意して、一番下の節の葉を取って、定植用の用土にそのまま挿せばよいです。また、鉢や庭などに乗せておくだけでも発根して増えます。茎が横に広がると根も伸びるので、株分けのように根の付いた茎を取って増やす事もできます。水やりは発根してから与え、用土が常に湿った状態にならないよう、乾いてから与えるとよいです。時期は梅雨時期を避けた春の3月から5月頃がつきやすいと思いますが、暑さが和らいだ9月から10月頃にも行う事ができます。秋に行う場合は鉢に挿して、冬は日当たりが良い室内や、霜の当たらない軒下などに置くと痛みが少なくてよいと思います。
挿し穂

切り戻し

冬になると寒さで地上部の葉が枯れてしまう事がありますが、株元から新芽が伸びてきます。地上部の枯れた葉は切り戻し、新芽を来シーズン伸ばすようにするとよいです。9月頃に伸び過ぎていたら、適度な長さに切り戻せばよいです。
株元から新芽

寄せ植え

横に広がるように伸びるので、背の高い多肉植物やサボテンの前景などに利用してもよいと思います。
寄せ植え
関連リンク