トップショウナンゴム

ショウナンゴム (湘南ゴム)

学名:Ficus irregularis
別名:フィカス・イレグラリス、ショウナンゴムノキ
科・属名:クワ科・フィカス属
原産地:熱帯アジア〜ポリネシア
分類:常緑高木
寒さ:弱い(5度以上)
暑さ:強い
日照:日向(夏は半日蔭)
耐陰性:あり
通販:楽天市場にあり

ショウナンゴム
ショウナンゴム

ショウナンゴムの葉
ショウナンゴムは葉が笹のように細く下にやや垂れて伸びる感じのよい観葉植物です。葉の中央にある葉脈が深くなっているのが特徴で、長さは15cmぐらいですが、樹木が大きくなると30cmぐらいになるようです。何種類かが出回っており、葉が緑色をしたものや、上の写真のようなライム色をしたもの、斑入りもあります。

作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
場所
室内の日向(5度以上) 日向 半日陰 日向 室内の日向
植え替え
適期
挿し木
挿し木
切り戻し
切り戻し
肥料
肥料
鉢の水やり
控えめ 表面が乾けば与える 控えめ

ショウナンゴムの育て方

置き場所

日当たりのよい所を好むので、日当たりのよい所で育てますが、真夏の直射日光は強すぎて葉が焼ける事があるので、強い日差しを避けた明るい所で育てます。耐陰性があるので明るい日陰でも育てる事ができます。熱帯の植物で寒さには強くないので、冬は室内の明るい場所で、最低温度5度以上で管理します。その他は観葉植物の置き場所をご覧下さい。
5月から10月中旬 室内または戸外の日当たりのよい所から明るい所(真夏の直射日光は避ける)
10月下旬から4月 室内の日当たりのよい所。最低気温は5度以上で管理

水やり

鉢土の表面が白く乾いたら与えます。夏は乾きが早いので、乾かしすぎないように注意してください。朝の最低気温が20度以下になってきたら、徐々に水を吸わなくなってくるので、水やりも徐々に減らして行きます。冬は表面が白く乾いてから2、3日したからの水やりをします。真冬の水の与え過ぎは根腐れの原因になるので注意してください。その他、詳しくは観葉植物の水やりをご覧ください。

植え替え

鉢の底から根が出て根詰まりしてしまったり、2、3年植え替えていないものは植え替えをします。時期は5月上旬から8月中旬までに行います。用土は市販されている観葉植物専用の土、自分で作る場合は、赤玉土(小粒)6、腐葉土4ぐらいでよです。その他、詳しくは観葉植物の植え替えのページをご覧ください。

肥料

春から秋まで緩効性の化成肥料を置き肥したり、液体肥料などを定期的に与えます。その他は観葉植物の肥料のページを参考にしてください。

増やし方

挿し木

挿し木で増やす事ができます。時期は5月から7月頃まで行えます。3、4節ほど挿し穂を用意して、一番下の葉を取り除き、そこが土に埋まるように挿します。その他は挿し木のページを参考にしてください。

切り戻し

それほど生育は旺盛ではないですが、樹高が高くなってしまったら適度な高さに切り戻すとよいです。時期は目を吹く4月中旬から5月頃に行って夏までに葉を茂らせるとよいです。

冬の管理方法

冬の寒さにはあまり強くないので、室内の5度以上の明るい窓辺などに置きます。寒さで水はあまり吸わず乾き難いので、控えめに与えるようにします。寒さと乾燥で下葉が落ちやすいので、暖かい時間帯に霧吹きで葉水を与えるとある程度予防できます。冬は生育しないので肥料は必要ないです。観葉植物の冬の管理をご覧下さい。
関連リンク