トップポトス

ポトス

学名:Epipremnum aureum
別名:オウゴンカズラ(黄金葛)
科・属名:サトイモ科・エピプレナム属
原産地:南太平洋ソロモン諸島
分類:常緑つる性植物
寒さ:弱い(5度以上)
暑さ:強い
日照:明るい日陰
耐陰性:あり
通販:楽天市場にあり


ポトス(ゴールデンポトス)

大きなポトスの葉
ポトスは葉の美しいツル性の観葉植物で、育てるのも比較的簡単な事から、昔から人気のある観葉植物です。挿し木や水差しでも簡単に増やせるので、挿したものを比較的簡単に寄せ植えなどの材料にもできます。初心者の方にも育てやすいのでお勧めです。ポトスは葉が結構大きくなり、写真は前に育てていたポトスで葉の大きさが25cmぐらいになったものです。野生では葉が1mぐらいなるそうです。一般に出回っているのはゴールデンポトスと言う種類で、葉の色は緑色で、斑は新しいうちは黄色をしていて、だんだんと白くなってきます。普通はこのゴールデンポトスがポトスとして出回っている事が多いです。和名、オウゴンカズラはこのポトスから名前がつけられているのだと思います。

作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
場所
明るい室内(5度以上) 半日陰 明るい日陰 半日陰 明るい室内(5度以上)
植え替え
適期
挿し木
挿し木
切り戻し
切り戻し
肥料
肥料
鉢の水やり
控えめ 鉢土の表面が乾いてきたら 控えめ

ポトスの種類

ポトスの種類は多く、上のゴールデンポトス意外に下の種類などもあります。基本的な育て方は変わりません。

ポトス・エンジョイ

ポトス・マーブルクィーン

ライムポトス

ポトスの育て方

置き場所

薄日が差すような明るい場所を好むので、年間を通じて明るい所で育てます。あまり暗いと斑入りの品種は、斑が少なくなってしまうので注意してください。また、夏を除いた日差しの柔らかい時期は、午前中の柔らかい日光に当てるぐらいの方が葉の色がよくなり生育もよいです。室内ではレースカーテン越しの日光に当てると葉色、生育ともよくなります。しかし、強い日差しに当てると葉が焼けで黄色くなり、その後は茶色く枯れ込んでしまう事があるので注意してください。冬の寒さには弱く生育が止まるので、秋が深まったら戸外で育てているものは室内に入れ、最低温度5度以上の暖かい所で育てます。暖房の効いている部屋では、空気が乾燥して葉が落ちる事があるので、暖かい時間帯に葉水を与えながら育てるとよいです。その他は観葉植物の置き場所をご覧下さい。
4月中旬から10月中旬 室内または戸外の半日陰(夏の強い日差しは避ける)
10月下旬から4月上旬 室内の日当たりのよい所から半日陰(最低温度は5度以上で管理)

水やり

春から秋の間の成長期は、鉢土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えます。秋の最低気温が20℃を下回ってくると、少しずつ水を吸わなくなってくるので、徐々に水やりの間隔をあけて行きます。冬は鉢土の表面が白く乾いてからの水やりにして、乾燥気味に管理します。冬に水を与え過ぎると根腐れの原因になるので注意してください。春になって暖かくなってくると、徐々に水を吸いはじめ乾くのが早くなるので、鉢土の表面が乾いてきたらたっぷりと水を与えます。 空中湿度を好むので、年間を通じて霧吹きで葉水を与えながら育てるとよいです。その他、水やりについては観葉植物の水やりをご覧ください

肥料

5月、7月、9月に緩効性の化成肥料を与えて、定期的に液体肥料などを与えればよいです。真夏に液体肥料を与える時は薄めに与えます。その他は観葉植物の肥料を参考にしてください。

植え替え

2年以上植え替えていないものや、鉢の底から根が出て根詰まり気味のものは、春に植え替えをします。時期は4月中旬頃から6月中旬頃に行うのが理想的です。秋に行う場合は冬までに根を張らせるために9月までに行ってしまいます。用土は市販されている観葉植物専用の土でよいですが、自分で作りたい場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4ぐらいでよいです。あればピートモスを1ぐらい足して保水性を高めた方が生育がよいかもしれません。

仕立て方(アーチ仕立て、吊り鉢など)

ポトスの仕立て方のページを参考にしてください。

切り戻し、整枝

冬を越えて、蔓の途中の葉が少なくなって見苦しくなったら、葉の少なくなった蔓を切って姿を整えます。切る際は蔓の節(葉の付いていた跡)を残すように切ります。そうすると節から新しい蔓が延びてきます。時期は新芽を吹く4月から5月中頃が理想的ですが、伸びすぎて邪魔になった蔓ならいつでも行えます。その他は、仕立て直しの所を参考にしてください。
伸びすぎたポトスの蔓

摘心

蔓の数が少ないと感じたら、蔓の途中で切ってやると、脇芽が増えて蔓の数が増えます。蔓を切ったら短期間で蔓の数が増えるわけではないので、時期はあまり遅くならないよう、7月中には終わらせた方がよいと思います。

増やし方(挿し木、水差し)

ポトスは水挿しや挿し木で簡単に増やすことができます。時期は5月から8月頃まで行えます。葉を1枚か2枚付けた挿し穂を用意して、葉の付け根付近に出ている茶色い気根が水や土に埋まるよう挿します。水挿しや挿し木をしたら直射日光の当たらない、明るく風の当たらない場所に置きます。水挿しは根が伸びて発芽してきたら土に植え付けます。土に植え付けて新芽が伸びて活動し始めたら、肥料を与えて通常の管理をします。その他、詳しくは観葉植物の挿し木、挿し芽のページを参考にしてください。
4月

蔓の切る位置

葉を2枚つけて切り取った

コーヒーの空き瓶に水差し
5月 6月

水差し後1ヶ月

水差し後1ヶ月で鉢上げ

鉢上げ終了

その他

もし花壇がある場合は、日差しを避けた所の土に蔓を埋めておくと、葉が沢山茂ってきます。埋める蔓は切り戻したものなど、適当な長さでかまいません。9月中までに掘り上げて、根の付いた蔓をいくつかに分けて、数個の鉢植えを作る事ができます。 2002年の9月上旬

葉が茂った庭のポトス

冬の管理方法

冬はできるだけ暖かい部屋に置くようにします。冬の暖房や空気の乾燥で葉が落ちる事があるので、暖かい時間に葉に霧吹きで葉水を水を与えながら育てると、葉が黄色くなって落ちるのをある程度予防できます。水の水やりは過湿になると根腐れする事があるので、水の与え過ぎには注意してください。この時期に肥料は与えないようにします。その他は、観葉植物の冬の管理をご覧下さい。

冬を越えた春のポトス

冬を越えたポトスは全体的に幾分葉が少なくなっているものです。しかし、あまりにも下葉が落ちて見苦しくなってしまった場合は、根詰まりか根腐れをしている可能性があります。新芽が吹く頃の春に葉のない部分は切り戻して、新しい用土で植え替えます。

病気や害虫など

斑が少ない

斑の消えたポトスの葉 斑入りの種類は光の強さで斑の多さが変わります。置き場所が暗いと葉緑素が増えて斑が少なくなり、明るい場所に移動すると斑が増えます。強い日光に当てると葉が焼けるので注意してください。

葉が黄色くあせて枯れこむ

強い日差しに当たって葉が日焼けすると黄色くあせて茶色く枯れ込んできます。強い日差しの当たらない明るい場所に移動します。

葉が黄色くなる

水の与えすぎによる根腐れ、水切れ、寒さのために葉が黄色くなって落ちる事があります。葉が全体的に減ってしまった場合は、春に必要なら植え替えて、葉の少なくなった蔓を取り除いて仕立て直しをすればよいです。