トップアグロステンマ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

アグロステンマ

別名:ムギセンノウ(麦仙翁)、ムギナデシコ(麦撫子)
  このエントリーをはてなブックマークに追加
科・属名:ナデシコ科・アグロステンマ属/原産地:ヨーロッパ/学名:Agrostemma githago

分類: 一年草


寒さ: 強い
暑さ: 暑さで枯れる
草丈: 60cm〜90cm
花径: 3cm〜5cm
花色: 淡紫色
場所: 日向
種まき: 秋まき(9月下旬〜10月)
発芽温度(20℃〜25度)
直まき
用途: 花壇、鉢植え、切り花
花言葉: 自然を好む、気持ちがなびく
通販店: 楽天市場にあり
茎が細長いので風の日はゆらゆら揺れるように花が咲きます。アグロステンマは花径が5cmぐらいと大きいタイプと、花径が3cmぐらいと小さいタイプの花があります。6月になると種が採れるので、それを採っておくと、翌年も種まきできますが、数年経つと発芽率が悪くなるので、種は定期的に購入した方がよいように思えます。
作業カレンダー(暖地基準)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向
種まき
直まき
植え付け
苗の植え付け 苗の植え付け
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば当たる

アグロステンマ
5月中旬、自宅の庭

アグロステンマのアップ
5月下旬、自宅の庭

アグロステンマ(花径の小さいタイプ)
5月中旬、自宅の庭

アグロステンマの種
6月中旬、自宅の庭

アグロステンマの育て方

種まき

種まきの時期は秋の9月下旬から10月頃に行えます。種まきの方法は直まきで比較的簡単に行う事ができますが、ポット蒔きしてもよいと思います。覆土は軽くします。庭に直まきする場合は、日当たりのよい所に苦土石灰、牛糞などの元肥を混ぜ込んで種まきして、株間が30cmぐらいになるように間引きします。鉢植えの用土は花の培養土など普通でかまいません。自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4などです。

場所

日当たりのよい場所を好みます。

水やり

水やりは普通です。鉢植えでは鉢土の表面が乾けば与えます。花壇ではあまり雨がふらないようなら与えるぐらいでかまいません。

植え付け

春に苗が出回る事があるので、手に入ったら植え付けます。鉢植えの用土は花の培養土や自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4など普通でかまいません。庭では苦土石灰、元肥に牛糞などを、水はけが悪いようなら腐葉土などを混ぜ込んで30cmぐらいの間隔で植え付けます。

肥料

やや痩せ気味の土地を好むので、庭では元肥を混ぜていれば追肥は必要ありません。鉢植えでは苗が少し大きくなってからと、春の3月頃に緩効性の化成肥料などを置き肥するぐらいでかまいません。肥料が多いと高くなって雨の重みや風で倒れてしまうので注意してください。その他は肥料のページを参考にしてください。

支柱

草丈が高くなると倒れるので、必要なら支柱で支えて、周囲を紐で括ってもよいと思います。
関連リンク