トップアセビ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

アセビ (馬酔木)

  このエントリーをはてなブックマークに追加
科・属名:ツツジ科・アセビ属/原産地:日本/学名:Pieris japonica

分類: 常緑低木


寒さ: 強い
暑さ: 強い
樹高: 1m〜3m
花径: 6mm〜8mm
花色: 桃色、白
場所: 日向〜半日蔭
水やり: 庭木(普通)
肥料: 骨粉入り固形油粕など
増やし方: 挿し木、種まき
作業: 剪定
花芽分化: 6月中旬〜
用途: 庭木、生垣
花言葉: 犠牲、献身
通販店: 楽天市場にあり
アセビは比較的強い毒草で、昔は葉の煮汁を作って農薬として利用したり、牛の体に塗ってケダニやシラミの防除などにも使われていたそうです。今でも自然農薬として散布したり、団子にしてヨトウムシやネキリムシの防除、モグラのいる所に撒いたり、葉の付いた枝を穴に挿しておくといなくなると言われる事もあります。馬が酔う木と書きますが、馬が葉を食べると神経が麻痺して酔ったように見えるので、このような漢字を書くそうです。花の時期は3月と早く、沢山の小さなベルが垂れ下がったように咲きます。半日蔭でも育つ生垣としても人気があり、花色は桃色の他、白花もあります。
作業カレンダー(暖地基準)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日なた〜半日蔭
植え付け
苗の植え付け 苗の植え付け
挿し木
挿し木
剪定
剪定
肥料
肥料

3月上旬、近所の生垣

3月上旬、近所の生垣

3月上旬、公園

3月上旬、公園
関連リンク