トップベゴニア・センパフローレンス 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ベゴニア・センパフローレンス

別名:シキザキベゴニア(四季咲きベゴニア)
科・属名:シュウカイドウ科・ベコニア属/原産地:南米ブラジル/学名:Begonia Semperflorens

分類: 多年草


寒さ: やや弱い
暑さ: 強い
草丈: 15cm〜40cm
花径: 2cm〜3cm
花色: 赤、桃色、白
種まき: 春まき
発芽温度(20℃〜25℃)
箱まき、ピートバンなど(覆土しない)
増やし方: 挿し木
場所: 日当たりを好む。冬は室内へ
用途: 花壇、鉢植え、寄せ植え、ハンギングバスケット
花言葉: 愛の告白、片思い、親切(ベゴニア)
センパフローレンスは2000種類以上の品種があるベゴニアの一つです。花は主に赤、桃色、白色の一重咲きが多いですが、八重咲きもあります。光沢のある葉は赤っぽい銅葉と呼ばれるものと緑葉があって美しいです。原種は高さが90cmぐらいになるものでしたが、他の種類との交配で草丈の低いタイプが生まれています。夏は暑さで一時的に開花は鈍りますが、四季咲きベゴニアというように春から晩秋まで花を咲かせます。用途は花壇や鉢植えにして普通に楽しめる他、グランドカバーやハンギングバスケットにもよく利用されています。育てるのはやや寒さに弱く冬は凍らせないよう室内で越冬させないといけませんが、それを除けばとても育てやすいです。
作業カレンダー(暖地基準)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期 開花
場所 室内の日向(5度以上」 日向 室内の日向
種まき 種まき
植え付け 苗の植え付け 植え付け
植え替え 植え替え
挿し木 挿し木
切り戻し 切り戻し 切り
肥料 肥料
鉢の水やり 控えめ 表面が乾けば与える 控えめ
ベゴニア・センパフローレンス(桃色)
5月中旬、自宅のプランター
ベゴニア・センパフローレンス(赤)
4月下旬、自宅の鉢植え
ベゴニア・センパフローレンス(八重咲き)
7月上旬、自宅の鉢植え
ベゴニア・センパフローレンス
5月中旬、自宅のプランター
ベゴニア・センパフローレンスのグランドカバー
6月上旬、植物園
ベゴニア・センパフローレンス(白)
10月中旬、植物園

ベゴニア・センパフローレンスの育て方

場所

春から秋

日当たりのよい所を好みます。日当たりが悪いと節々の間隔が広くなってヒョロヒョロとして花つきも悪くなるので、少なくても半日ぐらいは直射日光が当たる所がよいです。

冬は室内へ

耐寒温度は3度ぐらいとあまり強くないので、凍るような寒さに当たると枯れてしまいます。秋が深まる11月になったら室内の窓辺など日当たりのよい所に置きます。10度以上の暖かく日当たりのよい所だと花を咲かせます。春の4月になって霜の心配のなくなれば戸外に置いて育てる事が出来ます。

水やり

鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。夏の日差しの下ではよく乾くので毎日の水やりになります。冬は生育を止めてあまり水を吸わなくなるのでやや控えめに与えます。

植え付け

春や秋に苗が出回っている事があります。霜に当たると枯れてしまうので、鉢植えにして冬を室内で越冬させるか、庭では冬に枯れる一年草のような感じで植えます。花が次から次へと咲き続けるので、肥料切れさせないよう元肥にマグァンプK(中粒)などを混ぜておくとよいです。深植えはよくないので浅く植えるようにします。

鉢植え

センパフローレンスの植え付け
65cmプランターでは3、4株ぐらい、鉢植えは5、6号鉢に一株を目安に植えるとよいです。用土は市販されている花に対応した培養土を利用したり、自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土2、ピートモス2などでよいです。ハンギングバスケットの場合は軽い用土がよいので、ピートモス6、バーミキュライト2、パーライト2など軽い土を混ぜるとよいです。

花壇

春の4月から6月頃か秋の9月中旬から10月上旬頃に行うのがよいです。日当たりのよい所に堆肥と緩効性の化成肥料を混ぜ込んで15cmから20cm間隔ぐらいに植えるとよいです。冬は霜に当たると枯れてしまうので、秋の10月頃になったら挿し木してポット苗を作り、冬を室内で越冬させて春にまた植え付ける方法があります。

肥料

肥料切れさせないよう、植える時に元肥としてマグァンプK(中粒)などを土に混ぜておくとよいです。元肥を入れていない場合は、鉢植えでは春の4月から10月頃まで緩効性の化成肥料を置き肥したり液体肥料を与え、庭では化成肥料を春と秋の間に1か月に1回ぐらい与えます。冬は気温が下がって生育しなくなるので与えないようにします。その他は花の肥料のページを参考にしてください。

鉢の植え替え

冬を超えた鉢植えは、 毎年春の4月頃に根鉢の3分の1ほど壊して行うとよいです。伸び過ぎているものは株元から2、3節ほどを残して切り戻しを行っておくと、1ヶ月後には葉が茂ってコンパクトに花を咲かせます。

種まきの仕方

種まきして沢山の苗を作ることができます。時期は春の4月から6月頃に行うのが理想的ですが、暖地では9月下旬から10月上旬頃にも行えます。方法は平鉢ピートバンなどに蒔いて覆土はしないようにします。明るい日陰に置いて発芽させ、水やりは上から与えると種が流れるので、鉢の底に敷いた受け皿から給水させるようにします。密集して種をまくと間引きがやり難くなるので注意してください。

移植と仮植え

1か月ぐらいして本葉が2,3枚になったら、浅い箱などに3cmぐらいの間隔に移植して大きく育てます。根が活着するまでは明るい日陰い置きますが、次第に日光に当てて育て1週間に1回ぐらい液体肥料を与えます。本葉が6枚から8枚ぐらいになったらポットに仮植えして、定植できるぐらい大きく育てます。用土は定植用の土でよいです。

挿し木

挿し穂の用意


葉芽のある節

花茎のある節
どこを挿しても根が出るのですが、部分によっては枝が増えない所があります。先の方にある花茎のついている節からは葉芽が出ないので、それよりも下の葉芽のある節を挿し穂にするとよいです。長さ6pぐらいの挿し穂を用意して、基部の葉を切り取ります。

やり方

センパフローレンスの挿し穂
挿し穂
センパフローレンスの挿し木
挿し木
時期は4月下旬から10月頃まで行えます。20分ほど水揚げして、あれば発根促進剤をつけ、切り取った節の部分が用土に埋まるように挿します。用土は挿し木専用の土を使ったり、自分で作る場合は赤玉土(小粒)、ピートモス、バーミキュライトの等量など、腐葉土など堆肥が混じると腐れやすいので混ぜない方がよいです。その他は挿し木のページを参考にしてください。

管理と仮植えについて

明るい日陰に置いて水を切らさないように与えます。2、3週間ほどで発根するのでポットに仮植えします。用土は定植用の土でよく、緩効性の元肥を入れておくとよいです。芽が伸びたら2,3節分を残して先端を摘心すると、枝数が増えやすくなります。秋に翌年の春に植える苗を作って、そのまま冬を越させて春に植える方法もあります。

その他にしておきたい作業

切り戻し


切り戻し(9月上旬)

10月中旬
夏の終わり頃に伸びすぎて樹形が悪くなった場合は、8月下旬頃に短く切り戻すよいです。株元にある新芽を残すように行うのがポイントです。10月頃になったら残しておいた新芽が伸びてまた花を咲かせます。

花がら摘み

咲き終わった花弁が落ちて葉につくと病気になってしまう事があります。面倒ですができるだけ取り除いておいた方がよいです。

殺菌剤の散布

丈夫であまり病気になる事はありませんが、梅雨頃に灰色かび病などが発生する事があります。ベニカXファインスプレーなどを散布して予防しておくと安心です。

冬を越させる

寒さには弱いので、鉢植えにして室内の日当たりがよい窓辺などで越冬させます。花壇ではそのままだと枯れてしまうので、10月に掘り起こして5号鉢ぐらいに植えて越冬させられます。掘り起こす時は鉢に入るぐらいの大きさに根の周りを切り、株元の新芽を残すような感じで短く切り戻しておくとよいです。11月になって気温が下がったら室内へ入れ、水やりは過湿にならないよう表面が乾いてから、肥料は成長しないので与えないようにします。
1月中旬 6月上旬

戸外の軒下で枯れました

株元は生きていたので室内へ

開花しました
関連リンク