トップブローディア 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ブローディア

別名:トリテレイア、ヒメアガパンサス
科・属名:キジカクシ科・トリテレイア属/原産地:アメリカ/学名:Triteleia

分類: 球根植物


寒さ: 強い
暑さ: 休眠する
草丈: 40cm〜50cm
花径: 1.5cm〜2cm
花色: 青、紫、ピンク、白、黄色、赤
増やし方: 分球
場所: 日当たりを好む
用途: 花壇、鉢植え
花言葉: 守護、淡い恋
ブローディアは以前、ブローディアエア属だったのですが、今はトリテレイア属になり、前の属の名残が今も名前に残っています。最近はトリテレイアという名前で呼ばれる事も少なくありません。種類がいくつかあり、青色の花を咲かせる種類はアガパンサスを小さくしたような花をしているので、ヒメアガパンサスという別名があります。下のはブローディア・ルディーという種類で、青と白のコントラストが美しい花を咲かせます。一つの球根から比較的多くの花が咲きます。
作業カレンダー(暖地基準)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期 開花
場所 日向 日向
植え付け 植え付け
植え替え 植え替え
分球 分球
掘り上げ 掘り上げ
肥料 肥料 お礼 肥料
鉢の水やり 表面が乾けば与える 表面が乾けば与える

ブローディア
6月上旬、自宅の鉢植え

ブローディアの全体
6月上旬、自宅の鉢植え

ブローディアのアップ
6月上旬、自宅の鉢植え

ブローディアの育て方

植え付け

時期は10月頃に行うのがよいと思います。鉢に植える場合は5号鉢に4、5球を目安に深さ3cmから4cmほどに、用土は花の培養土や自分で作る場合は赤玉土6、腐葉土3、パーライト1などに、あれば元肥にマグァンプK(中粒)などを混ぜて植え付けます。庭植えでは苦土石灰、元肥に腐葉土と堆肥などを混ぜ込んで、深さ5cmぐらい、間隔は8cmぐらいで植え付けます。

場所

日当たりのよい所を好むので、日当たりのよい所で育てます。

水やり

鉢植えでは鉢土の表面が乾けば与えます。冬も水を切らさないように与えます。庭植えの場合、特に与える必要はありませんが、あまり雨が降らないようなら与えます。

肥料

鉢植えでは元肥マグァンプK(中粒)を混ぜ込んでいなければ、緩効性の化成肥料などを置き肥します。花壇では植え付け時に元肥を混ぜ込んで植え付け、春に骨粉入りの油かすなどを、花後のお礼肥に即効性の化成肥料などを与えます。その後の年は秋と春に骨粉入りの油かすなどを与え、花後のお礼肥に即効性の化成肥料などを与えます。その他は肥料の使い方を参考にしてください。

花がら摘み

咲き終わったら花がらは取り除き、全ての花が咲き終わった花茎は切り取ります。

球根の堀上げ

鉢植えでは7月頃に葉が枯れたら掘り上げて乾燥保存させるか、秋の10月頃に植え替えてもかまいません。花壇では数年植えっぱなしでもよく、よい花が咲かなくなったら、10月頃に分球を兼ねて植え直します。
関連リンク