トップブラシノキ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ブラシノキ (ブラシの木)

別名:キンポウジュ(金宝樹)、カリステモン
科・属名:フトモモ科・カリステモン属/原産地:オーストラリア/学名:Callistemon speciosus

分類: 常緑小高木


寒さ: 強い〜やや弱い(−5℃)
暑さ: 強い
樹高: 3m〜4m
花序: 5cm〜10cm
花色: 赤、白
場所: 日向
水やり: 庭木(普通)
肥料: 骨粉入り固形油粕など
増やし方: 挿し木、種まき(ポットまき)
作業: 剪定
花芽分化: 8月頃〜
用途: 庭木(暖地向き)、シンボルツリー
その他: 移植や植え替えを嫌います。
花言葉: はかない恋
通販店: 楽天市場にあり
ブラシノキはコップを洗うブラシのような花なので、このような名前がついているようです。赤花をよく見かけますが、白花の種類もあります。通常の植物のように実が成って熟してもすぐに落ちる事はなく、数年間木化したまま枝についています。暖かい地方が原産地ですが、寒さには強く、マイナス5度ぐらい耐えるそうなので、暖地では庭木で越冬します。移植の難しい植物なので、場所をよく選んで植え付けた方がよいです。
作業カレンダー(暖地基準)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期 開花
場所 日向
種まき 種まき
植え付け 植え付け
挿し木 挿し木
剪定 花後
肥料 寒肥 肥料

ブラシノキ
5月下旬、植物園

ブラシノキの全体
6月上旬、ハーブ園

ブラシノキの花
6月上旬、ハーブ園
関連リンク