トップヘリオトロープ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ヘリオトロープ

別名:キダチルリソウ(木立瑠璃草)、ニオイムラサキ(匂紫)
科・属名:ムラサキ科・キダチルリソウ属/原産地:ペルー/学名:Heliotropium arborescens
分類: 常緑小低木


寒さ: 弱い(5度以上)
暑さ: やや弱い
草丈: 50cm〜70cm
花径: 約 0.3cm〜0.5cm
花色: 紫、白
場所: 日向
種まき: 春まき
発芽温度(約 20度)
平鉢
増やし方: 挿し木
用途: 鉢植え、切り花、ドライフラワー、ハーブ
花言葉: 献身的な愛、献身、熱望
通販店: 楽天市場にあり
ヘリオトロープの花はバニラのような甘い香りがするので、昔は香水の原料に使われていたそうです。ハーブとして売られている事が多く、主にポプリとして利用されています。5cmから10cmぐらいの花序には紫色の小さい花が沢山つき、芳香があるので切り花にも好まれます。紫花の他に白花の品種もあります。
作業カレンダー(暖地基準)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期 開花 開花
収穫時期 収穫 収穫
場所 室内の日向 日向(夏の西日は避ける) 室内の日向
種まき 種まき
植え付け 苗の植え付け 苗の植え付け
植え替え 植え替え 植え替え
挿し木 挿し木 挿し木
切り戻し 花後 花後
肥料 肥料 肥料
鉢の水やり 控えめ 鉢土の表面が乾けば与える 控えめ

ヘリオトロープ
11月上旬、自宅の庭

ヘリオトロープの全体
11月上旬、自宅の庭

ヘリオトロープのアップ
7月下旬、植物園

沢山のヘリオトロープ
7月下旬、植物園

ヘリオトロープの育て方

場所

日当たりを好むので、日当たりのよい所で育てます。夏は日差しが強すぎるので、西日が当たらないような所に置きます。冬の寒さには強くないので、鉢植えにして冬を5度以上の日当たりのよい室内で越冬させます。

水やり

生育期の春から秋は鉢土の表面が乾けばたっぷりと与えます。冬は寒さであまり水を吸わなくなるので、控えめに与えます。

植え付け

春や秋に苗を入手したら植え付けます。鉢植えの用土は花の培養土にパーライトを1割ぐらい混ぜたり、自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土3、パーライト1などの水はけのよい用土に植えつけます。

植え替え

春の3月中旬から4月頃か秋の9月中旬から10月中旬頃に根鉢を壊さないよう一回り大きな鉢に植え替えます。用土は植え付け用土と同じです。

肥料

春の3月中旬から6月頃、秋の9月から10月頃に暖効性の化成肥料を置き肥したり、定期的に液体肥料を与えます。

切り戻し

夏の花後、秋の花後に切り戻しておきます。

増やし方

挿し木

挿し木で増やす事ができます。2、3節分のさし穂を用意して、一番下の節の葉を取ってそこが用土に埋まるように挿します。時期は5月から6月頃、秋の9月頃にも行えます。その他は挿し木のページを参考にしてください。

種まき

種が売られているので、種まきから育てる事もできます。時期は春の3月中旬から5月頃に行うのが理想的です。種が小さいので平鉢に蒔いて、鉢底から給水させるとよいです。本葉が2、3枚になったらポットに仮植えして、根が回ってきたら定植します。
関連リンク