トップヘメロカリス 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ヘメロカリス

別名:デイリリー
科・属名:ワスレグサ科・ワスレグサ属/原産地:東アジア/学名:Hemerocallis

分類: 宿根多年草


寒さ: 強い
暑さ: 強い
草丈: 60cm〜80cm
花径: 5cm〜20cm
花色: 赤、黄色、橙色、ピンクなど
増やし方: 株分け(植え付け時期)
場所: 日向から半日陰
用途: 花壇、鉢植え
花言葉: 宣言、媚態
通販店: 楽天市場にあり
ヘメロカリスは初夏に花を咲かせる宿根多年草の草花です。花がユリのような姿をして人気があり、朝に咲いて夕方にしぼむ一日花で英名でデイリリーとも呼ばれています。数千種類の園芸品種があり、花の大きさは10cmから15cmぐらいが多いですが、中には20cmぐらいの大輪の花を咲かせる品種もあります。蕾が多い事から花は次から次へと咲き続け、切り花にすると1日しか持ちませんが、持っている蕾の花が咲きます。一時はユリの仲間として扱われていましたら、球根植物ではない冬に葉が枯れる多年草植物です。一度庭に植えおくと何もせずに自然と花を咲かせよく増えます。
作業カレンダー(暖地基準)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期 開花
場所 日向〜半日蔭
植え付け 植え付け 植え付け
植え替え 植え替え 植え替え
株分け 株分け 株分け
肥料 肥料 肥料
鉢の水やり 控えめ 鉢土の表面が乾けば与える 控えめ

へメロカリス
6月中旬、自宅の庭

へメロカリスの全体
6月中旬、自宅の庭

へメロカリス2
6月下旬、植物園の鉢植え

へメロカリス(黄色)
6月下旬、植物園の鉢植え

へメロカリスの育て方

場所

日当たりのよい所を好みますが、耐陰性があるので午前中の日光が当たるような半日陰でもよく花を咲かせます。宿根草なので秋を過ぎて寒くなってくると葉は枯れますが、春になって暖かくなると芽を出します。
宿根中のヘメロカリス(12月下旬)

芽を吹く(2月中旬)

水やり

鉢植えでは鉢植えの表面が乾けば与えればよいです。花壇では植え付け後はしばらく乾かしすぎないよう注意しますが、その後はあまり雨が降らないようなら与えればよいです。

植え付け

春の3月から4月頃、秋の9月から10月中旬頃に植え付けることができます。鉢植えでは6号鉢に一株を目安に、用土は普通の花の培養土や自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4ぐらいでかまいません。花壇では苦土石灰、腐葉土、堆肥などを混ぜ込んで40cmぐらいの間隔を開けて植え付けます。

植え替え

鉢植えでは2、3年を目安に根詰まりしているようなら行います。時期は春の3月頃、秋の9月から10月中旬頃も行えます。植え替えは二回り大きな鉢に植え替えるか、鉢を大きくしたくない場合は株分けをして植え替えます。用土は普通の花の培養土や自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4ぐらいでかまいません。花壇でも4、5年すると株が増えて混み合ってしまうので、株分けをして植え替えます。庭の株分けは3、4芽ぐらいずつ分けで苦土石灰、腐葉土、堆肥などを混ぜ込んで40cmぐらいの間隔で植え付けます。その他は花の植え替えのページを参考にしてください。

肥料

春の3月頃と秋の9月頃に骨粉入りの固形油かすなどを与えるぐらいでかまいません。その他は花の肥料のページを参考にしてください。

増やし方

株分け

よく株が増えるので株分けで増やす事ができます。時期は植え替えと一緒に行います。

病気や害虫

花、花茎、蕾などにアブラムシが発生することがあります。スミチオンなどの殺虫剤を散布して駆除します。その他は花の病気や害虫のページを参考にしてください。
花弁についたアブラムシ
関連リンク