トップフキタンポポ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

フキタンポポ (蕗蒲公英)

別名:カントウ(款冬)
科・属名:キク科・フキタンポポ属/原産地:中国〜ヨーロッパ/学名:Tussolago farfara

分類: 宿根多年草


寒さ: 強い
暑さ: 弱い
開花時期: 1月〜3月
草丈: 10cm(花)、30cm(葉)
花径: 約 3cm
花色: 黄色
種まき: 取りまき
植え替え:
増やし方: 株分け
場所: 日当たりを好むが、高温多湿を嫌うので夏は涼しい所。
用途: 鉢植え、花壇
花言葉: 公平な裁き
フキタンポポは、冬になると地上部の葉が枯れて、根だけで越冬する宿根多年草です。1月を過ぎた頃になると、花芽だけが地面から出てきて、キク科らしい黄色いタンポポに似た花を咲かせます。花後からフキに似た葉が伸びてくるので、このような名前がついています。花の咲く時期や姿がフクジュソウに似ている事から、福寿草の代わりに正月用の寄せ植えなどに使われています。育てるのは夏の高温多湿に弱いです。

フキタンポポ
2月上旬、自宅の鉢植え

フキタンポポの全体
2月上旬、自宅の鉢植え
関連リンク