トッププリムラ・ポリアンサ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

プリムラ・ポリアンサ

別名:プリムラ・ポリアンサス、プリムラ・ポリアンタ、クリンザクラ(九輪桜)
科・属名:サクラソウ科・サクラソウ属/原産地:園芸品種/学名:Primula polyantha

分類: 多年草または一年草


寒さ: やや弱い(0度以上)
暑さ: 暑さで通常は絶える
草丈: 10cm〜15cm
花径: 5cm〜8cm
花色: 赤、桃色、黄色、白など
種まき: 晩春まき、秋まき
発芽温度(15℃〜20℃)
箱まき、ピートバンなど(覆土しない)
場所: 日当たりを好む
用途: 鉢植え、寄せ植え、ハンギングバスケット
花言葉: 運命をひらく、可憐、美の秘密
プリムラ・ポリアンサは冬から春にかけて花を咲かせます。草丈が15cmぐらいとコンパクトで、花色が赤、桃色、白など単色の他、色が混じった品種もあります。花の咲き方は一重咲きが多いのですが、他に八重咲きの品種もあります。毎年、秋になると苗が出回るお馴染みの花で、冬の花の少ない時期に咲く貴重な花です。育てた感想は、霜に当てるとまずいので、軒下や外の玄関の前の日向などに置いて、凍りそうな日だけ室内に入れていれば大丈夫でした。暑さには弱く、夏をどうにかした超えるそうなのですが、今まで夏を超えた事はないです。秋になったら必ず苗が出回るので、数鉢を購入して寄せ植えにして玄関付近に置いています。
作業カレンダー(暖地基準)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期 開花 開花
場所 日向(霜よけ、0度以上) 日向 半日蔭 日向 日向(霜よけ)
種まき 種まき 仮植え 種まき 仮植え
植え付け 苗の植え付け 苗の植え付け
肥料 肥料 仮植え苗 肥料
鉢の水やり 鉢土の表面が乾けば与える(種まきは乾かさないように)

プリムラ・ポリアンサ(赤)
3月上旬、植物公園の温室

プリムラ・ポリアンサ(ピンク)
3月上旬、植物公園の温室

プリムラ・ポリアンサ(レインボー)
2月上旬、自宅の鉢植え

プリムラ・ポリアンサのバラ咲き(赤)
2月中旬、植物公園の温室

プリムラ・ポリアンサのバラ咲き(黄色と赤)
2月中旬、植物公園の温室

プリムラ・ポリアンサ2
3月中旬、自宅の鉢植え

プリムラ・ポリアンサの寄せ植え
2月下旬、植物園

プリムラ・ポリアンサの寄せ植え2
2月下旬、植物園

プリムラ・ポリアンサの育て方

場所

寒さには弱いので、鉢植えにして日当たりのよい所で育てます。生育には10度から20度ぐらいの温度を好み、あまり室温が高いと株が弱ってしまうので、暖房の効いた部屋や昼間の室温が高くなる部屋では注意してください。暖地では冬を日当たりのよい霜の当たらない軒下などで育てることが可能で、凍りそうな冷え込む日だけ室内に入れるようにします。

水やり

鉢土の表面が白く乾いてきたら、葉にかけないようにたっぷりと与えます。過湿になると灰色かび病が発生するので注意してください。

肥料

肥料切れを嫌います。元肥にマグァンプK(中粒)などを混ぜ込んで植えてない場合は、開花中を含めての生育期間は、緩効性の固形肥料を置き肥します。追肥に花用の液体肥料なども与えます。その他は、花の肥料を参考にしてください。

植え付け

秋から冬にかけてポット苗が売られているので、購入したら植え付けます。ポット苗の植え付けは、根詰まりが酷くない場合は根鉢を壊さずにそのまま植え付けます。根詰まりが酷い場合は、軽く根鉢を壊して植え付けた方がよいです。根詰まりが酷いまま植え付けると、鉢に根があまり回らずによい花が咲かなくなる事があります。用土は良質な花の培養土を利用すればよいと思います。自分で作る場合は、赤玉土(小粒)6、腐葉土4ぐらいでよいですが、ピートモスとバーミキュライトを2割ずつ足すともっとよいです。花期が比較的長いので、元肥にマグァンプ(K)中粒などを混ぜ込んだ方がよいです。鉢植えは4号鉢に一株を目安に、下は購入した苗を根鉢を壊さずに6号鉢に二株植えつけた時のものです。
1月上旬 1月下旬

花がら摘み

花が終わりかけたら養分を取られないよう、花茎の付け根から切り取ります。また摘まないと灰色かび病が発生しやすくなります。
関連リンク