トップペルネチア(真珠の木) 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ペルネチア

別名:シンジュノキ(真珠の木)、ペルネッティア
科・属名:ツツジ科・ゴーテリア属/原産地:南米/学名:Pernettya mucronata

分類: 常緑低木


寒さ: 強い
暑さ: やや弱い
樹高: 0.5m〜1m
花径: 約 0.5cm
花色:
実色: 赤、白、ピンク、紫
増やし方: 挿し木
場所: 日当たりを好む(夏は半日陰)
用途: 鉢植え
花言葉: 実る努力
花の楽しむ植物ではなく、実を鑑賞する植物です。秋に1cmぐらいの光沢のある丸い実をつけます。実は赤、白、桃色を目にしますが、紫色もあるようです。まん丸い実が成るので、真珠の木やハッピーベリーという名前で売られている事が多いです。春に小さなベルの形をした花を咲かせ、秋になると実をつけます。南米の高山植物なので、育てるのは北海道などの涼しい所で生産される事が多く暑さを嫌います。
作業カレンダー(暖地基準)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期 開花
実期 実期 実期
場所 日向 半日蔭 日向
受粉 人工授粉
植え付け 苗の植え付け 苗の植え付け
植え替え 植え替え
挿し木 挿し木
剪定 剪定
肥料 肥料 肥料
鉢の水やり 鉢土の表面が乾けば与える(乾燥を嫌う)

ペルネチアの花
5月下旬、自宅の鉢植え

ペルネチアの赤い実
11月中旬、自宅の鉢植え

ペルネチアの白い実
11月中旬、自宅の鉢植え

ペルネチアの実と葉
11月中旬、自宅の鉢植え

ペルネチアの全体
11月中旬、自宅の鉢植え

ペルネチアの花と葉
5月下旬、自宅の鉢植え

ペルネチア(真珠の木)の育て方

場所

日当たりを好むので日当たりの良い所で育てますが、南米の高山植物で北海道などの涼しい所で生産される事が多く暑さを嫌うので、夏はできるだけ涼しく明るい日陰で育てます。花が5月から6月頃に咲くので、開花中は雨に当てると実付き悪くなるので軒下などに置きます。冬の寒さには比較的強いですが、乾燥した空気を少し嫌うので、霜と北風の当たらない日当たりのよい軒下で育てれば大丈夫です。

水やり

乾燥に弱いので、鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。冬も乾かしすぎないように注意してください。

植え付け

秋に実付きの苗が売られている事があるので、入手したら植え付けます。用土は酸性土を好むので鹿沼土7、PH無調節のピートモス3ぐらいで植え付けます。

植え替え

植え替えの時期は春の2月下旬から3月頃上旬頃に行います。根が弱いので、根鉢を壊さずに一回り大きな鉢に植え替えます。3月頃まで実が付いている事があるので、花を咲かせるために全て取ってしまいます。用土は植え付け用土と同じです。

肥料

多肥を嫌うので、春の3月頃と秋の10月頃に骨粉入りの固形油かすなどを与えるぐらいでかまいません。その他は肥料の使い方を参考にしてください。

増やし方

挿し木

挿し木で増やす事ができます。時期は梅雨の6月頃に行います。方法は長さ5cmから10cmぐらい挿し穂を用意して、下の1,2節分の葉を取り除いて30分ぐらい水揚げして、あれば発根促進剤をつけ、取った葉の節が用土に埋まるように挿します。用土は鹿沼土や赤玉土の小粒などに挿します。その他は挿し木のページを参考にしてください。

剪定

伸びすぎて剪定が必要なら、花の咲いている6月頃に、花の咲いている枝をできるだけ避けるよう剪定すればよいと思います。ツツジに近い種類で花芽分化期が7月頃だと思うので、それを過ぎて剪定すると花芽を切ってしまうかもしれないので注意してください。

その他

花が咲いたら受粉して実付きをよくするとよいです。開花中は雨に当てない方がよいです。
関連リンク