トップホワイトレースフラワー 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ホワイトレースフラワー

別名:レースフラワー
科・属名:セリ科・アンミ属/原産地:地中海沿岸/学名:Ammi majus

分類: 1年草


寒さ: 強い
暑さ: 暑さで枯れる
草丈: 1〜1.5m
花序: 10cm〜15cm(花径:約 0.3cm)
花色:
種まき: 秋蒔き
直まき、ポットまき
発芽温度(15〜20℃)
場所: 日当たりを好む
用途: 花壇向き、切花、ドライフラワー
花言葉: 可憐な心
白い小いさな花が集まって2cmぐらいの花序を作り、それが放射状になって線香花火のように15cmぐらい大きな花序を作ります。花の咲き方がレースのように見えるので、ホワイトレースフラワーと呼ばれています。秋に種をまいて育てる一年草植物で、花の時期は初夏頃に咲かせ種を作って終わります。同じセリ科なニンジンの葉と花によく似ており、草丈が1m以上ととても大きくなります。蝶が好んで蜜を吸いにやってきます。
作業カレンダー(暖地基準)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期 開花
場所 日向 日向
種まき 種まき 植え付け
肥料 肥料 肥料

6月下旬、自宅の庭

6月下旬、自宅の庭

7月上旬、自宅の庭

6月下旬、自宅の庭

ホワイトレースフラワーの育て方

種まき

種から育てられるのが一般的です。時期は秋の9月下旬から10月頃、直根で移植を嫌うので直まきポットまきで行えばよいと思います。ポットまきでは根が回ってきたら根鉢を壊さないよう、大きくなるので30cm〜40cm間隔ぐらいと株間を広めに開けて定植します。花壇では水はけが悪いようなら腐葉土を、元肥に牛糞などを混ぜ込んで植えつけます。暖地では特に霜よけせずに越冬し、こぼれ種で翌年も花を咲かせる事があります。

11月上旬

11月下旬の定植

4月上旬

場所

日当たりのよい所を好むので、日当たりのよい所で育てます。夏の暑さを嫌い夏には枯れてしまうので、一年草扱いになります。草丈が高くなるので

水やり

鉢植えでは鉢土の表面が乾けば与えます。花壇では植え付け後、1、2週間は乾かさないように水やりしますが、その後はあまり雨が降らないようなら与えるぐらいでかまいません。

肥料

鉢植えでは緩効性の化成肥料を秋と春に、花壇では元肥として堆肥を混ぜ込んで植えつけ、春の4月上旬頃に即効性の化成肥料などを適度に与えるぐらいでまいません。肥料を与えすぎると背が高くなりすぎてしまいます。

支柱

とても草丈が高くなり、風や雨の重みですぐに倒れてしまいます。支柱で支えて倒れないようにします。茎が直径5cmぐらいと太くなるので、しっかりと支えます。

花がら摘み

咲き終わった花序は元から切り取って、次もよい花を咲かせます。
関連リンク