トップコダチダリア 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

コダチダリア (木立ダリア)

別名:コウテイダリア(皇帝ダリア)、テイオウダリア(帝王ダリア)、キダチダリア
  このエントリーをはてなブックマークに追加
科・属名:キク科・ダリア属/原産地:メキシコ/学名:Dahlia imperialis

分類: 球根植物


寒さ: 強い〜やや弱い
暑さ: 強い
草丈: 2m〜5m
花径: 約 20cm
花色: ピンク
場所: 日向
水やり: 庭木(普通)
肥料: 骨粉入り固形油粕など
増やし方: 挿し木(12月に挿し穂を保管して春に)
用途: 花壇向き(暖地)、切り花
花言葉: 華麗、優雅、威厳(ダリア)
通販店: 楽天市場にあり
秋の終わりの紅葉の時期に開花します。初めて見た時は何の木だろうと思いましたが、花が普通のダリアにそっくりなのですぐに名前が分かりました。コダチダリアはダリアの原種の一つだそうで、草丈が2m以上になるので意外な感じです。薄いピンク色の大きな花が沢山咲き、ダリアの皇帝、皇帝ダリアというという別名があります。育てるのはとても大きくなるので庭植え向きで、冬は地下茎が凍るといけないので暖地向きになります。冬は地上部を枯らせて越冬するので、花後に節を2、3節ほど残して切っておくと、春になると新芽を伸ばし、晩秋までに草丈が数mとなり花を咲かせます。花後に切った穴の空いた枝を挿し木にする事もできます。
作業カレンダー(暖地基準)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
植え付け
苗の植え付け
植え替え
植え替え
株分け
株分け
挿し木
挿し木
刈り込み
肥料
肥料

コダチダリア
11月下旬、植物園

沢山花を咲かすコダチダリア
11月下旬、植物園

コダチダリアの全体
11月下旬、植物園

コダチダリアの葉
11月下旬、植物園

真冬のコダチダリア
2月上旬、植物園

初夏のコダチダリア
6月上旬、植物園
関連リンク