トップメディニラ・スペキオサ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

メディニラ・スペキオサ

別名:サンゴノボタン(珊瑚野牡丹)、メディニラ・スペシオサ
  このエントリーをはてなブックマークに追加
科・属名:ノボタン科・メディニラ属/原産地:ジャワ/学名:Medinilla speciosa

分類: 常緑小低木(非耐寒性)


開花時期: 6月〜8月、温室(周年)
果期: 11月頃、温室(周年)
樹高: 1m〜2m
花序: 10cm〜20cm
花色: ピンク、白
植え替え:
場所: 半日陰を好む
用途: 鉢植え
メディニラ・スペキオサという熱帯の花木です。別名、サンゴノボタンとも呼ばれています。長さ10cm〜20cmぐらいの花序に小さな小花を沢山つけ、赤紫色の実も成ります。手を広げたような葉で観葉植物としても鑑賞できると思います。通常は初夏頃に花が咲いて秋に実がなるのですが、温室では同じ仲間にメディニラ・マグニフィカという種類もあります。

メディニラ・スペキオサ
8月上旬、植物園

メディニラ・スペキオサの花
8月上旬、植物園

メディニラ・スペキオサの花序
8月上旬、植物園

メディニラ・スペキオサの実
3月上旬、植物園

メディニラ・スペキオサの実のアップ
3月上旬、植物園

メディニラ・スペキオサの葉
3月上旬、植物園
関連リンク