トップミント 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ミント

別名:ハッカ(薄荷)、メンタ
科・属名:シソ科・ハッカ属/原産地:地中海沿岸/学名:Mentha

分類: 宿根多年草


寒さ: 強い
暑さ: 強い
草丈: 30cm〜100cm
花序: 3cm〜6cm
花色: 白、ピンク、紫
種まき: 春まき
発芽温度(15℃〜20℃)
箱まき、ポットまき
増やし方: 挿し芽、株分け
場所: 日当たりを好む
用途: 花壇、鉢植え、切り花、ハーブ(ハーブティー、サラダなど)
花言葉: 美徳
通販店: 楽天市場にあり
ミントはハーブとして、ハーブティ、サラダ、デザートの飾り、ポプリ、バスなどに使用することができます。ミントの種類は多く、ペパーミントは歯磨き粉の原料に、クールミントはガムの原料に使われたりしています。写真のアップルミントはリンゴのような香りがするミント、グレープフルーツミントはグレープフルーツのような香りがするミントです。他にスペアミント、キャットミント、パイナップルミント、バナナミントなどもあります。とても育てやすく、繁殖力が旺盛で庭に植えておくと、茎を這わせてとてもよく増えます。
作業カレンダー(暖地基準)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期 開花
収穫時期 収穫
場所 日向
種まき 種まき
植え付け 苗の植え付け
植え替え 植え替え
株分け 株分け
挿し芽 挿し芽
肥料 肥料 肥料
鉢の水やり 控えめ 鉢土の表面が乾けば与える 控えめ

アップルミントの花
7月上旬、自宅の庭

アップルミントの葉
7月上旬、自宅の庭

グレープフルーツミントの花
10月下旬、自宅のプランター

グレープフルーツミントの全体
10月下旬、自宅のプランター

ミントの育て方

種まき

種まきで比較的容易に育てる事ができます。時期は春の4月から5月頃が理想的です。方法は箱まきポットまきなどで行い、種が小さいので軽く覆土します。箱まきでは葉が触れ合わないように間引きして、本葉が5枚ぐらいになったら、30cmぐらいの間隔で定植します。鉢植えの用土は、水はけがよい普通の用土でかまいません。自分で作る場合は、赤玉土(小粒)6、腐葉土4などです。花壇では苦土石灰と牛糞などを混ぜ込んで植え付けます。ミントは他の種類と交雑しやすいので、近くに別の種類を植えないようにします。

場所

日当たりのよい所を好みますが、夏の西日を避けた所がよいです。午前中の日光が当たるような半日陰でもよく育ちます。宿根草なので、冬は地上部を枯らせて越冬し、暖地では2月中頃から新芽が伸びてきます。

水やり

水切れを嫌います。鉢植えでは鉢土の表面が乾けば与えます。夏の日差しの下ではよく乾くので、毎日の水やりになります。花壇でもあまり雨が降らずにに乾くようなら与えます。

肥料

肥料は多く必要としません。春と秋に緩効性の化成肥料などを置き肥するぐらいでかまいません。

植え替え

鉢に植えておくと、茎が地面を張ってとてもよく増えるので、毎年株分けを兼ねて植え替えます。植え替え時期は新芽が伸びる3月頃から4月頃に行います。用土は水はけのよい、ごく普通の用土でかまいません。自分で作る場合は、赤玉土(小粒)6、腐葉土4などです。庭ではこれ以上要らないと思うぐらい増えるので、2年に1回ぐらい株分けを兼ねて植え直した方がよいです。

増やし方

株分け

茎が地を這いながら根を伸ばしとてもよく増えるので、株分けして容易に増やせます。根のついた茎を2、3芽付けて鋏などを使って切り分ければよいです。植え付けは60cmプランターに2、3株あれば十分です。時期は植え替えと一緒に行います。
植え替え・株分け(4月上旬)

根の詰まったプランター

新芽が伸びている根鉢

株分け

植え付け

挿し芽

挿し芽でも容易に増やすことができます。3節分ほどの挿し穂を用意して、一番下の葉を取って葉の取った部分が用土に埋まるように挿せばよいです。時期は5月から9月頃まで行えます。その他は挿し木、挿し芽のページを参考にしてください。

種まき

種が売られているので、種まきから育てる事もできます。時期は春の4月から5月頃まで行えます。
関連リンク