トップサポナリア・バッカリア 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

サポナリア・バッカリア

別名:ドウカンソウ(道灌草)
科・属名:ナデシコ科・バッカリア属/原産地:南ヨーロッパ/学名:Vaccaria vaccaria

分類: 半耐寒性一年草


開花時期: 5月
草丈: 50cm〜90cm
花径: 約 2cm
花色: ピンク
種まき: 秋(9月下旬〜10月中旬)
発芽温度(15℃〜20℃)
直まき
場所: 日当たりを好む
用途: 花壇、鉢植え、切り花
花言葉: 友の思い出
通販店: 楽天市場にあり
ヨーロッパやアジアに分布していて、北米にも帰化しているそうです。本来のサポナリアはシャボンソウと呼ばれる多年草で、これとは別の種類になります。以前はこのサポナリア・バッカリアがサポナリア属に入っていた事からこの名前で流通する事があります。カスミソウに似たピンク色で2cmぐらいの花を咲かせ、草丈は高くなります。写真は150cmぐらいあり、肥料は少なめの方が良いのですが、前年庭に大量の肥えた土を入れた後に種まきすると、びっくりするぐらい大きくなりました。種は容易に取れ、育てやすい植物です。
作業カレンダー(暖地基準)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期 開花
場所 日向 日向
種まき 種まき
肥料 肥料
鉢の水やり 鉢土の表面が乾けば与える 鉢土の表面が乾けば

サポナリア
5月上旬、自宅の庭

サポナリアのアップ
5月上旬、自宅の庭

サポナリア2
5月上旬、自宅の庭

サポナリアの種袋
5月下旬、自宅の庭

サポナリア・バッカリアの育て方

種まき

高温だと発芽し難いので、涼しくなった秋の9月下旬から10月中旬頃に行うとよいです。方法は移植を嫌い発芽率がよいので、直まきで行えばよいと思います。覆土は軽く行うぐらいにします。

庭植え


2月中旬
日当たりのよい所に、石灰を好むので、種まきの1週間ぐらい前に苦土石灰を混ぜておくとよいです。肥沃な土は好まないので、痩せすぎている場合を除けば与えなくてよいです。株間は10cmぐらいと密集させた方が感じがよいので、それぐらいに間引きします。半耐寒性のようですが、暖地では霜よけしなくても大丈夫なので、耐寒性はそこそこあるようです。

鉢植え

鉢植えの用土は花の培養土でもよいし、自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4などを使うとよいです。プランターでは10cmぐらいの間隔になるように間引きします。

場所

鉢植えは日当たりのよい所に置くとよいです。 特に寒い地域でなければ、霜よけはしなくても大丈夫です。

水やり

鉢植えでは鉢土の表面が乾けば与えます。花壇では通常は必要ありませんが、あまり雨が降らないようなら与えればよいです。

肥料

肥料が多いと背が高くなって、風や雨の重みで倒れるので、肥料はあまり必要としません。鉢植えでは緩効性の化成肥料などを、花壇では15cmぐらいになった春に即効性の化成肥料などを1回与えるぐらいでよいです。

支柱

背が高くなると風や雨の重みで倒れやすくなるので、支柱で支えて周囲を紐で束ねるとよいです。
周囲を紐で束ねた

種採り

開花後に種が簡単に採れるので、採っておいて秋に蒔く事ができます。こぼれ種でも花を咲かせます。
関連リンク