トップシロツメクサ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

シロツメクサ (白詰草)

別名:クローバー
  このエントリーをはてなブックマークに追加
科・属名:マメ科・シャジクソウ属/原産地:ヨーロッパ原産/学名:Trifolium repens
分類: 多年草、野草
寒さ: 強い
暑さ: 強い
草丈: 5cm〜20cm
花序: 約 2cm
花色:
場所: 日向
水やり: 庭では通常は必要ありません。
肥料: 庭では必要ありません。
種まき: 直まき
用途: グランドカバー、野草
花言葉: 約束、私を思って、幸運(四つ葉)
通販店: 楽天市場にあり
シロツメクサは四つ葉のクローバーでおなじみの多年草で、河原や公園などに生えているのをよく見かけます。2cmぐらいの丸い形をした花は暖地では3月から9月頃まで咲いています。ヨーロッパ原産で元々は日本に生えていなかったのですが、牧草として入ってきたものが広まったそうです。 牛、ヤギ、羊などが喜んで食べ、栄養のバランスからイネ科の植物と一緒に牧草になれる事が多いようです。人もシロツメクサを食べる事ができ、まだ葉の開いていない若葉をおひたしにするとよいそうです。

四つ葉のクローバー

殆どが三つ葉なのですが、まれに四つ葉が紛れ込んでいて、これを見つけると幸せになれると言われ探した人も多いと思います。見つけ出す要領は、抜け目なく気長に探す事のように思えますが、1ヵ所に数個がまとまってある事もあります。採っておきたい場合はそのままでは萎えてしまうので、すぐに本やノートなどに挟んで押し葉にするとよいです。中には四つ葉以上あるものもあり、ギネスに記録されているものは五六枚もあります。原因は遺伝子に関係があるようですが、複雑でハッキリと分かっていないようです。
作業カレンダー(暖地基準)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向
種まき
種まき 種まき
植え替え
植え替え 植え替え
株分け
株分け 株分け
肥料
庭では無肥料で育ちます。

シロツメクサ(白色)
3月上旬、近所

シロツメクサの葉
6月下旬、近所

沢山のシロツメクサ
4月下旬、公園

沢山のシロツメクサ2
6月上旬、植物園

四つ葉のクローバー
5月上旬、植物園

四つ葉のクローバーの押し葉

グランドカバーとしての利用

公園などに種がまかれグランドカバーになっているのを見かける事があります。多年草で草丈はあまり高くならないので、草丈を刈り込むなどの手入れがあまり要らず、雑草を抑える効果もあります。家庭でも種を蒔かれる事があり、繁殖力が強く横に這うので思った以上に広がる事があります。

種まき

時期は春の3月から5月頃、秋の9月から10月頃に行えます。軽く耕して直まきし、種が隠れるように土を被せます。水やりは雨が降る前なら必要ないので、そんな日を選んで蒔くとよいです。肥料はあまり必要なく、根粒菌というのを根に持っていて、空気中の窒素を栄養分にします。
関連リンク