トップラケナリア 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ラケナリア

  このエントリーをはてなブックマークに追加
科・属名:ヒヤシンス科(ユリ科)・ラケナリア属/原産地:南アフリカ/学名:Lachenalia aloides

分類: 球根植物


寒さ: やや弱い
暑さ: 夏は休眠
草丈: 15cm〜30cm
花径: 長さ(約 3cm)
花色: 黄色、赤、紫など
場所: 日向
水やり: 普通
肥料: 控えめ
増やし方: 分球、種まき(秋)
用土: 水はけのよい土
用途: 鉢植え、切り花
通販店: 楽天市場にあり
ラケナリアは南アフリカに90種類ほどが生息しているそうです。秋植えの球根草で、草丈が大きくならず、寒さに強くないので、鉢植えで育てるのが一般的です。種類は多く、冬の1月頃から春の4月頃に咲かせるものが多いですが、中には11月頃に開花する種類もあります。花色は種類によって黄色、黄色に赤が混じったも、紫色などがあります。育てるのは種類によって11月頃から咲く種類があるので、このような早咲きの種類は9月一杯までに植えつけるか植え替えますが、春に咲くような種類は10月頃まで植え付けられます。いつ咲くから分からないものは早めに植え付けた方がよいと思います。寒さには強くありませんが、暖地では日当たりがよく霜の当たらない軒下などで越冬します。6月頃に葉が枯れて休眠するので、葉が枯れたら球根を掘り上げるか、鉢植えのまま雨の当たらない日陰で水を切って休眠させて、9月頃に増え過ぎたら植え替えかえます。増やすのは自然に分球して増えます。
作業カレンダー(暖地基準)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花 開花
場所
日向(霜よけ、0度以上) 日向 日陰(雨よけ) 日向 日向(霜よけ)
球根の植え付け
植え付け
植え替え
植え替え
分球
株分け
掘り上げ
鉢の水やり
鉢土の表面が乾いたら与える 控えめ 断水 鉢土の表面が乾いたら与える
肥料
元肥

ラケナリア
3月中旬、植物園

ラケナリアの全体
3月中旬、植物園
関連リンク