トップラバテラ・トリメストリス 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ラバテラ

別名:ハナアオイ(花葵)
  このエントリーをはてなブックマークに追加
科・属名:アオイ科・ラバテラ属/原産地:地中海沿岸/学名:Lavatera

分類: 一年草


寒さ: やや弱い
暑さ: 強い
草丈: 80cm〜150cm
花径: 約 10cm
花色: ピンク、白など
種まき: 秋まき(9月中旬〜10月)
発芽温度(20℃〜25℃)
ポットまき、直まき(やや移植を嫌う)
場所: 日当たりを好む
用途: 鉢植え、花壇
通販店: 楽天市場にあり
ラバテラは6月から8月頃に花を咲かせる一年草の植物です。草丈は1m以上になり、花の大きさは10cmぐらいで、花色はピンクや白色でハイビスカスの花を少し小さくしたような、アオイ科らしい花を沢山咲かせます。地中海沿岸を中心に25種類ほどが分布しているそうで、一年草のラパテラ・トリメストリス(ハナアオイ)が一般的ですが、多年草や低木の種類もあります。
作業カレンダー(暖地基準)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向(霜よけ) 日向 日向(霜よけ)
種まき
種まき 種まき 仮植え 定植
植え付け
苗の植え付け
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば 鉢土の表面が乾けば

ラバテラ
5月上旬、植物園

ラバテラ(白)
8月上旬、自宅の花壇

ラバテラ2
8月上旬、自宅の花壇

ラバテラ(白)2
5月上旬、植物園

ラバテラ・トリメストリスの育て方

場所

日当たりを好むので、日当たりのよい所で育てます。寒さには強くないので、鉢植えでは霜の当たらない軒下に置いておくとよいです。また、多湿を嫌うので、鉢植えでは梅雨の長雨に当てないようにするとよいと思います。

植え付け

鉢植えでは過湿を嫌うので、花の培養土などにパーライトを2ぐらい混ぜたり、自分で作る場合は赤玉土(小粒)5、腐葉土3、パーライト2ぐらいに植えつけるとよいと思います。多くくなるので、鉢植えでは20cmから30cmぐらいと広めの間隔に植え付けます。庭では苦土石灰、水はけが悪いようなら腐葉土、元肥に牛糞などを混ぜ込んで40cm〜50cmぐらいの間隔に植え付けます。

種まき

種まきの方法は箱まき、移植をやや嫌うのでポットまきしてもよいです。種まきの時期は暖地では秋の9月中旬から10月頃に種まきするのがよいです。春まきもできますが、暖地では3月頃と早めに種を蒔いた方がよいと思います。覆土は5mmぐらい軽く行います。箱まきでは本葉が2、3枚の頃にポットに仮植えして、根が回ってきたらしっかりと霜よけして、40cm〜50cmぐらいの間隔で定植します。

水やり

鉢植えの場合は鉢土が乾けば与えます。花壇の場合は雨があまり降らず、乾き過ぎるようなら与えます。過湿を嫌うので水の与え過ぎには注意してください。その他は花の水やりを参考にしてください。

肥料

花壇では元肥に牛糞など混ぜて植え付け、即効性の化成肥料などを定期的に追肥します。鉢植えは緩効性の化成肥料を置き肥したり、液体肥料などを定期的に与えます。その他は肥料の使い方を参考にしてください。

病気や害虫

やや虫が好むようで虫に葉を食べられる事があります。定期的にオルトラン粒剤などを散布しておくとよいと思います。その他は害虫のページを参考にしてください。
関連リンク