トップアラレア(ディジゴセカ)

アラレア(ディジゴセカ)

学名:Dizygotheca elegantissima
別名:モミジバアラリア
科・属名:ウコギ科・シェフレラ属
原産地:ニューヘブリデス諸島
分類:常緑小高木
寒さ:弱い(5度以上)
暑さ:強い
日照:日向(夏は半日蔭)
耐陰性:あり
通販:楽天市場にあり

 
広い葉
 
鉢植え
アラレアは何種類かありますが、細い切れ込みの葉が10枚ぐらいあるグリーンアラレアがよく出回っています。オーストラリア東岸に分布している高さ8mぐらいになる熱帯の樹木で、細葉が涼しげに茂った感じのよい観葉植物です。若いころの樹木は細葉をしているのですが、3mぐらいになると先端の方の葉が広くなります。樹木を全体的を見ると株元の方は細葉で、先端の方はまるで別の植物のように広くて大きく見えます。
作業カレンダー(暖地基準)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
場所 室内の日向(5度以上) 日向 半日陰 日向 室内の日向
植え替え 適期
挿し木 挿し木
切り戻し 切り戻し
肥料 肥料
鉢の水やり 控えめ 表面が乾けば与える 控えめ

アラレアの育て方

置き場所

日当たりを好みますが、夏は日差しが強すぎるので午前中の日光があたるような半日陰で育てます。耐陰性があって明るい日陰でも育てる事ができますが、窓辺などの明るい所に置いた方が丈夫に育ちます。急な環境変化で葉を落とす事があるので、置き場所は頻繁に変えない方がよいと思います。熱帯の植物で冬の寒さに耐える温度は5度ぐらいなので、もし戸外へ置いている場合は10月下旬頃になったら室内へ入れます。鉢底にナメクジが隠れていないかチェックしておいた方がよいです。寒さには強くないので、耐寒温度が5度ぐらいなので、余裕をもって8度以下にならない窓辺などの日当たりのよい所に置いておきます。その他は観葉植物の置き場所をご覧下さい。
5月から10月中旬 戸外または室内の日当たりのよい場所。(夏は半日陰)
10月下旬から4月 室内の日当たりのよい場所。最低温度5度以上で管理

水やり

生育期の5月から9月は鉢土の表面が乾いたらたっぷりに与えます。置き場所にもよりますが、夏はよく水を吸うので水切れさせないように注意してください。霧吹きで葉水を全体的に与えてあげると葉色がよくなります。秋になって涼しくなると土の渇きが徐々に遅くなるので、水やり間隔も自然とあいてきます。冬は鉢土の表面が白く乾いてから3、4日してからの水やりにして乾燥気味に管理します。冬の水の与え過ぎは根腐れの原因になるので注意してください。春になって気温が上がってくると、徐々に水を吸いはじめて乾くのも早くなるので、鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。その他は観葉植物の水やりをご覧ください。

植え替え

鉢の底から根が出て根詰まり気味だったり、2年以上植え替えていない株は一回り大きな鉢に植え替えをします。時期は5月から6月頃が理想的です。用土は観葉植物専用の土、自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4ぐらいでよいです。その他は観葉植物の植え替えのページをご覧ください。

肥料

春から秋まで緩効性の化成肥料を置き肥したり、液体肥料を定期的に与えます。冬に与えると根を痛めるので注意してください。その他は観葉植物の肥料のページをご覧下さい。

切り戻し

大きくなると葉の切れ込みが変わって、本来の涼しげな細葉が出てこなくなります。樹形を3分の1ぐらいに切り戻すと、新芽からまた細葉が出てくるようになります。切り戻しの時期は春の新芽を吹く頃から5月頃までにやってしまうのが理想的です。切り戻した茎から細葉の出ているわき芽を挿し穂に利用する事ができます。その他は観葉植物の切り戻しをご覧ください。

増やし方(挿し木)

わき芽や、切り戻した先などを挿し穂に挿し木が行えます。挿し穂の一番下の葉をちぎってそこが土に埋まるように挿します。ある程度大きくなったら先を切り戻してわき芽を出させ、アラレアの姿をボリュームのある姿に仕上げます。挿し木の用土は赤玉土(小粒)などを利用すればよいと思います。その他は挿し木のページをご覧ください。

冬の管理

寒さには弱いので室内のできるだけ8度以下にならない所に置くとよいです。この時期は空気が乾燥して葉が痛みやすいので、暖かい時間帯にお湯を入れた霧吹きで葉水を与えてあげるとよいです。暖房を入れた時間と切った時は寒暖の差が大きく、葉が落ちやすいように思えるので、そのような場所は避けた方がよいように思えます。この時期の水やりは鉢土の表面が白くなって、さらに2,3日してから与えるぐらい控えめします。一部の根が腐って葉を沢山落とす事があるので、水切れと勘違いないようにしてください。

冬を越えた春のアラレア

多少は葉が落ちているものです。あまり多くの葉を落とした場合は、一部の根が腐り不要な葉を落としたためかもしれません。茎が生きていればれば回復するので、春の5月頃になったら腐ったを取り除いて植え替えを行います。 もし伸びすぎてしいたら切り戻しを行うとよいです。
関連リンク