このエントリーをはてなブックマークに追加
トップフィロデンドロン・セローム

フィロデンドロン・セローム

学名:Philodendron selloum
別名:ヒトデカズラ、セロウム
科・属名:サトイモ科・フィロデンドロン属
原産地:ブラジル
分類:常緑多年草
寒さ:やや弱い(0度以上)
暑さ:強い
日照:明るい日陰
耐陰性:あり
通販:楽天市場にあり


フィロデンドロン・セローム

フィロデンドロン・セロームの大きな葉(50cm以上)

フィロデンドロン2

フィロデンドロン・セローム・スーパーアトム
フィロデンドロンの仲間は熱帯アメリカに200種類ほどがあり、観葉植物として色々な種類が出回っています。フィロデンドロン・セロームは耐陰性があり、半日陰でも問題なく育ち、熱帯の植物の割に寒さに比較的強く育てやすい観葉植物です。葉が厚く大きく、植物園では葉の長さが50cm以上したセロームを見かける事があります。ちょっとエキゾチックな感じの観葉植物で茎から木根を出します。

フィロデンドロン・セロームの育て方

置き場所

強い日差しを嫌うので、明るい日陰で育てます。日差しの緩やかな春や秋はレースカーテン越しの日が当てた方がよく育ちます。耐陰性があるので、少々暗い所でも育ちますが、生育が遅くなるので、できるだけ明るい場所に置きます。冬は日当たりのよい室内へ入れ、最低温度5度以上の所に置きます。その他は観葉植物の置き場所をご覧下さい。
4月中旬から10月 室内や戸外の明るい日陰。強い日差しは避ける。
11月から4月上旬 室内の日当たりのよい所。最低温度は5度以上で管理。

水やり

生育期の春から秋は、鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。真夏の生育期はよく乾くので、表面が乾く前に与えます。ただし、暗い場所では渇きが遅いので、水を与え過ぎないように注意してください。秋の最低気温が20度を下回ってくると、徐々に水の吸い上げが遅くなるので、水やり回数を徐々に減らしていきます。冬は表面が乾いてから2、3日の水やりにします。冬の水の与え過ぎは根腐れの原因になるので注意してください。セロームは葉に湿度を欲しがる観葉植物ですので、霧吹きをして湿度を与えてください。その他、詳しく知りたい方は観葉植物の水やりをご覧ください。

植え替え

2、3年に一度ぐらいは植え替えをします。時期は5月から6月頃が理想的です。土は市販されている観葉植物専用の土でよいと思います。自分は赤玉土(小粒)6、腐葉土4ぐらいで植え替えています。葉が大きく長くなると下に垂れ下がりますので、支柱などで支えるとよいです。その他、詳しくは観葉植物の植え替えのページをご覧ください。
植え替え(2005/5月下旬)

鉢から抜いた状態

古い土を3分の1ぐらい取り除いた

植え替え終了

増やし方(株分け)

セロームは子株がよく発生します。引っ張って取るか、よく切れるカッターなどで子株を切り離し、親から離れた跡の切り口を乾かしてから植えつけます。切り口を乾かさずに植え付けると腐る原因になるので注意してください。時期は5月から6月が理想的です。
子株

肥料

春から秋まで液体肥料などを与えます。その他は観葉植物の肥料のページをご覧下さい。

冬の管理方法

観葉植物の冬の管理をご覧下さい。

病気や害虫など

軟腐病

2005/8

軟腐病
根が腐り、茎の根元付近まで腐ってきます。この病気にかかれば治す手段はありませんので、子株があれば株分けします。この病気は伝染するので、親株は焼却処分するようにします。2005年の夏にセローム・アトムがこの病気にかかり、子株だけでもと思い挿したのですが、時期が悪く暑さで枯れてしまいました。この病気はサトイモ科に多い病気で、菌が傷口から進入し、水の与え過ぎ、不定期な水やりを行うとで発祥しやすいそうです。元々この細菌は土にいますので、発症させないよう、丈夫な株に育てる必要もあります。

葉ダニ

葉の裏を葉ダニに吸われて、葉の色が白っぽくなってしまいます。空気が乾燥すると発生しやすいので、時々葉の表と裏両方に葉水を与えます。葉ダニがついた場合は殺ダニ剤などで駆除します。
関連リンク