トップコンボルブルス・トリカラー 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

コンボルブルス・トリカラー

別名:サンシキヒルガオ(三色昼顔)
科・属名:ヒルガオ科・セイヨウヒルガオ属/原産地:南ヨーロッパ/学名:Convolvulus tricolor
分類: 匍匐性の一年草


寒さ: 強い
暑さ: 暑さで枯れる
草丈: 25cm〜35cm
花径: 4cm〜6cm
花色: 青、ピンク、白
場所: 日向
種まき: 秋まき
用途: 鉢植え、花壇
花言葉: 縁、絆
通販店: 楽天市場にあり
コンボルブルスの仲間は大まかに低木のコンボルブルス・クネオルム、多年草のタイプ、一年草のタイプがあります。コンボルブルス・トリカラーは一年草の種類で横に広がるように育ちます。花は青、ピンク、白があり昼顔のような花の咲き方をするので、別名にサンシキヒルガオという名前があります。育てるのは比較的寒さに強く、暖地では秋に種を蒔いて比較的容易に花を咲かせる事ができます。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向 日向
種まき
種まき 定植
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える 鉢土の表面が乾けば

コンボルブルス・トリカラー
5月上旬、自宅の庭

コンボルブルス・トリカラー(ピンク)
5月中旬、自宅の庭

コンボルブルス・トリカラー(白)
5月中旬、自宅の庭

コンボルブルス・トリカラーのプランター
5月上旬、自宅の庭

コンボルブルス・トリカラーの葉と茎
5月上旬、自宅の庭

コンボルブルス・トリカラーの全体
5月中旬、自宅の庭

コンボルブルス・トリカラーの育て方

場所

日当たりを好むので、日当たりのよい所で育てます。暖地では特に霜よけせずに越冬します。

種まき

10月中旬

ポットまき
種まきから育てる事ができます。暖地での種まきは秋の9月下旬頃から10月頃に行うとよいと思います。方法は直まきポットまきするとよいです。ポットまきでは根が回ってきたら定植します。鉢植えの用土は花の培養土にパーライトを1割ぐらい混ぜて水はけをよくしたり、庭ではアルカリ性土壌を好むので苦土石灰、元肥に牛糞などを、水はけが悪いようなら腐葉土などを混ぜて、30cmぐらいの間隔で定植します。暖地では特に霜よけせずに越冬します。
11月上旬 3月下旬 5月上旬

定植直前

少し大きくなった

開花

水やり

やや過湿を嫌います。鉢土の表面が乾いたら与えればよいです。

肥料

鉢植えでは春と秋の間に、緩効性の化成肥料などを置き肥したり液体肥料を与えます。庭では植え付け時に牛糞などをまぜて植えつけ、春に即効性の化成肥料などを追肥します。
関連リンク