トップユリ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ユリ(百合)

科・属名:ユリ科・ユリ属/耐寒性球根植物/原産地:北半球の亜熱帯〜亜寒帯/学名:Lilium

分類: 球根植物


寒さ: 強い
暑さ: 強い
草丈: 30cm〜150cm
花径: 10cm〜25cm
花色: 赤、黄色、白、桃色など
植え替え: 庭植えは3年に1度、鉢植えは毎年
増やし方: 分球、木子、鱗片ざし(植え替え時)
場所: 日向から半日陰(種類によって異なる)
用途: 花壇、鉢植え、切り花
花言葉: 威厳、高貴
純潔、無垢(白)
陽気、飾らぬ美(黄色)
通販店: 楽天市場にあり
秋植え球根の代表の一つで、初夏から夏頃に美しい花を咲かせます。切り花にもとても人気があって、お店や式場、花束などでもよく見かけます。世界に95種類ほどがあるそうで、そのうち日本に15種が自生しています。 交配によって色々な種類が作ら、とても多くの種類がお店に出回っています。下の写真の紹介ですが、黄色の品種の名前は分かりませんが、アジアティック・ハイブリット系のユリのようで、高さは1mぐらい、花の大きさは20cmぐらいです。ピンク色のはショートケーキリリーというアジアティック・ハイブリット系のユリで、草丈は30cm〜40cmぐらいと低く、花の大きさは15cmぐらいです。一番下の薄い黄色のユリは、オリエンタル・ハイブリット系のコンカドールです。カサブランカと同じように花が大きく、イエローカサブランカとも呼ばれています。ユリは種類によって、日当たりを好む種類と半日陰を好む種類があります。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花(種類によって異なる)
場所
日向 日向〜半日蔭(種類による) 日向
植え付け
植え付け
植え替え
植え替え
分球
株分け
鱗片ざし
鱗片ざし 鱗片ざし
肥料
追肥 お礼肥(花後) 元肥
鉢の水やり
表面が白く乾いたら 表面が乾いてきたら(葉の青い時期) 表面が白く乾いたら

ユリ
5月下旬、自宅の庭

ユリの全体
6月上旬、自宅の庭

ショートケーキリリー
6月上旬、自宅の庭

ショートケーキリリーの全体
6月上旬、自宅の庭

コンカドール
6月下旬、自宅の庭

コンカドールの全体
7月上旬、自宅の庭

ユリの主な種類

オリエンタル・ハイブリッド系

ヤマユリとカノコユリなど、日本に自生しているユリが交配されて作られた種類です。大きな花を咲かせるカサブランカ、黄色い花を咲かせるコンカドールなどが知られています。

アジアティック・ハイブリット系

オニユリ、イワユリ、エゾスカシユリなど、またこれらと交配されて作られた種類です。スカシユリがよく知られています。

ロンギフローラム・ハイブリッド系

テッポウユリ、タカサゴユリなど、これらが交配されて作られた種類です。タカサゴユリとテッポウユリが交配されたシンテッポウユリなども知られています。

トランペット・ハイブリッド系

オーレリアンハイブリッドとも呼ばれ、中国原産のリーガルリリー、キガノコユリなどの交配種で、病気に強く庭に何年か植えっぱなしでも育つ種類です。筒状に花を咲かせます。

その他

アジアンティック・ハイブリッドとロンギフローラム・ハイブリッドが交配されて作られたLAハイブリッド、オリエンタル・ハイブリッドとトランペット・ハイブリッドが交配されて作られたOTハイブリッドなどもあります。

場所

種類によって日当たりを好む種類、強い日差しを嫌い午前中の日光が当たるような半日陰を好む種類があります。また、日当たりを好む種類と半日陰を好む種類の交配種も出回っています。
日当たりを好む種類 半日陰を好む種類
アジアティック・ハイブリット系、ロンギフローラム・ハイブリッド系、トランペット・ハイブリッド系 オリエンタル・ハイブリッド系
カノコユリ、キカノコユリ、スカシユリ、オニユリ、テッポウユリ、ローリーポップ、クリムソン・ピクシー、ショートケーキリリーなど ヤマユリ、サクユリ、ササユリ、ヒメサユリ、オトメユリ、カサブランカ、コンカドール、イエローウィン、ル・レーブ、アカプルコ、スターゲザー、モナリザなど