トップウツギ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ウツギ (空木)

別名:ウノハナ(卯の花)
  このエントリーをはてなブックマークに追加
科・属名:ユキノシタ科・ウツギ属/原産地:日本、中国/学名:Deutzia crenata
分類: 落葉低木


寒さ: 強い
暑さ: 強い
樹高: 1m〜2m
花径: 約 1cm
花色: 白、ピンク
場所: 日向〜半日蔭
増やし方: 挿し木
花芽分化: 7月中頃〜
用途: 庭木、鉢植え
花言葉: 秘密、古風、風情
通販店: 楽天市場にあり
ウツギは枝に空洞があるので空木と書くそうです。種類はウツギの他にヒメウツギ、マルバウツギ、ウメウツギ、ウラジロウツギなどがあります。白花で一重咲きが一般的ですが、八重咲きの種類や桃色の花を咲かせるサラサウツギなどもあります。木はとても硬く、木釘や楊枝などに利用されていたそうです。
作業カレンダー(暖地基準)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向〜半日蔭(夏の西日は避ける)
植え付け
植え付け 植え付け
挿し木
挿し木 挿し木
剪定
不要枝 花後 不要枝
肥料
肥料

ヒメウツギ
5月上旬、自宅の庭

ヒメウツギの葉と蕾
5月上旬、自宅の庭

マルバウツギ
5月下旬、山

マルバウツギの花のアップ
5月下旬、山

ウツギの育て方

場所

日当たりのよい所から午前中の日光が当たるような半日蔭で育ちます。庭では西日を避けた日当たりのよい所から午前中の日光が当たるような半日蔭に植え付けます。鉢植えは日当たりのよい所で育てますが、夏は半日蔭で育てます。

植え付け

植え付けの時期は落葉期の11月から3月頃に行います。元肥に牛糞などを、水はけが悪いようなら腐葉土を混ぜ込んで植え付けます。その他は花木の植え付け方を参考にしてください。

植え替え

2年に1回を目安に植え替えをします。用土は赤玉土(小粒)7、腐葉土3などの水はけのよい用土で植え替えます。時期は2月中旬から3月頃に行うとよいと思います。

水やり

庭木の場合は特に必要ありませんが、根付いていない苗は水切れに注意します。鉢植えは鉢土の表面が乾けば与えます。

肥料

1月から2月頃に寒肥として、骨粉入りの固形油粕などを蒔いておけばよいです。

剪定

落葉期は花芽を持っているので、古くなった枝を株元から切ったり、不要枝を切るぐらいにして、花後に乱れた枝や伸び過ぎた枝を切り戻します。

増やし方

挿し木

挿し木で増やす事ができます。時期は芽が出る3月頃、梅雨の6月頃にも行う事ができます。3、4節の挿し穂を用意して、一番下の節が用土に埋まるように挿します。その他は挿し木のページを参考にしてください。
関連リンク