トップフジウツギ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

フジウツギ (藤空木)

科・属名:フジウツギ科・フジウツギ属/原産地:本州、四国/学名:Buddleja japonica

分類: 常緑低木


寒さ: 強い
暑さ: 強い
樹高: 2m〜3m
花序: 10cm〜25cm
花色:
場所: 日向
水やり: 庭木(普通)
肥料: 骨粉入り固形油粕など
増やし方: 挿し木
作業: 剪定
花芽分化: 5月中旬頃〜(新枝に着く)
用途: 庭木、シンボルツリー
フジウツギは一年中葉がある常緑の樹木です。高さは2mから3mぐらいで、樹木としてはあまり高くない方です。花は紫色をした細くて筒状の花が沢山ついて、長さ10cmから25cmぐらいの花穂になります。花の時期は長く、6月から10月頃にかけて花を咲かせ続けます。写真は九州の植物園にあったフジウツギだと思うのですが、もしかしたら同じ仲間のコフジウツギという種類かもしれません。フジウツギは九州には分布していないそうで、コフジウツギという種類が九州に分布しているそうです。同じ仲間でブッドレアという種類がよく庭木として植えられているのを見かけます。
作業カレンダー(暖地基準)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期 開花
場所 日向
植え付け 植え付け
挿し木 挿し木
剪定 剪定
肥料 肥料

フジウツギ
6月下旬、植物園

フジウツギのアップ
6月下旬、植物園

フジウツギの花と葉とアゲハ
6月下旬、植物園

フジウツギの全体
9月上旬、植物園
関連リンク